カテゴリー別アーカイブ: REPBUDDYの独り言

自作ケージの作成【バーベキュー網に結束バンド】


ども、REPBUDDYのツルカワです。

いまでこそ爬虫類の飼育用品は様々なものがショップで販売され、飼育する生き物の種類に応じて選べる時代になりました。それまではと言いますと、熱帯魚の水槽や昆虫のプラケースを利用したり、鳥かごや植物用ガラス温室なんかを使っていたわけです。そして中には自作される方も多かったと思います。今日はそんな自作ケージについてです。

自作ケージのメリットとしては、一番はその生き物の特性に合わせられることでしょうか。例えば、カメレオンのように通気性が必要だから網だとか、高さが必要だから既成品よりも高く作る、高さは必要ないからそのぶん広く作るなどなど。。。工夫次第ではその生き物が住みよい環境を作ってあげられます。そしてもう一つは、飼い主にとって便利にできるということ、コードの配線や扉の開閉方向、部屋や家具の雰囲気に合わせたり、微妙な大きさに合わせて作ったり、既成品では都合が悪いことも解決できたりします。ここまで書いてると悪いところがないように思えますが、もちろんデメリットも。。。一番ネックになるのが技術が必要だということでしょうか(汗)扉を付けた本格的なものを作ろうと思えばホームセンターに精通した方でなければ難しいかもしれません。工具も必要です。大きなケージを作成するのに作成するための場所がないとかもあるかもですし。。。安全面にも注意が必要です。木材で作ったケージに保温級が触れて火事になったり、生体が暴れて破損するなんてことも。。。もし、自作ケージを考案する際にはそのあたりも要注意です。

さて、そんな今回は誰でも簡単に作成できるバーベキュー網ケージをご紹介、作成に関して真似して作って何かあっても責任は負えませんので自己責任で願います←ご相談ご質問ならお気軽にどうぞ!

用意するものはバーベキュー網×6枚、結束バンド(たくさん)だけです。

今回はカメレオンに使うので造花も用意しました。ここで注意するのは、組んだ時に箱型になるように2枚は幅の短いものを用意します。今回使用するのは40センチ×15センチが4枚、15センチ×15センチが2枚です(数字はだいたいです)

これを結束バンドで結んでいきます。上、中、下と何か所か結んでおくとよいでしょう。小さいほうの網は開閉できるように一辺だけを結んでください。

今回は少しサイズが合わず隙間ができてしまったので、木材でふさぎました。網のサイズをきちんとあわせれば問題なく作れると思います。こんな感じでかなり緩い感じですが簡単にしかもお手頃価格で組めてしまいます(見た目はさておき)。強度も網によってはぺらぺらなものもあるので注意ですね。パワータイプな爬虫類、モニターやカメには向いていないかもですね(もしくは多量の結束バンドでガッチガチにしてしまえばなんとか。。。)

過去の作成ケージ

過去にバシリスクを飼育した自作ケージ、今回ご紹介したのと同じ方法で作成しています。多湿を好むバシリスクのためにケージには大型の水入れと近くから加湿器、部屋ごとエアコンで空調管理していました。

 

ヤシガニを飼育するために作成した衣装ケースを改造したもの、下半分には大量の土が入っています。

このように生き物の特性を考えながら作成するもの楽しいですよ。ただし自己責任でお願いします←

いまは苦労して自作しなくても、コットアップ様や龍匠様などオーダーメイドで作成していただける業者様もありますので、見た目重視インテリア重視安全性確実性重視なら、オーダーメイドケージもありかも??

いつか私も自店に格好良いオーダーメイドケージを。。。なんて夢見る毎日です。。。

皆様の爬虫類たちが快適に過ごせますように、REPBUDDYでした!

爬虫類お世話代行 バナーを新しくしました!!


REPBUDDYの独り言【イベントのあれこれ】


ども、REPBUDDYのツルカワです。

さて今年も大阪はレプタイルズフィーバーに始まり、各地で即売会イベントが開催されますね。もはや全国でみれば毎月どころか、月に数回、毎週どこかしらで爬虫類イベントがあるくらいで。。。まぁ独り言なんであれこれ思ったこと吐き出してみたり

イベントの良いところといえば、数の多さがあるでしょう(もちろん対面販売うんぬんもありますが、そちらは今回は触れずとして)、普段、目にすることのない生体、憧れのショップ様、ブリーダー様、それらが時として遠方から自分の住む地域にやってくる。しかも何十とブースが連なりその場で選んで探して購入できる。ブース同士は生体の状態の良さや色の良さ、値段のお求めやすさを競い合い、買う側からすればお得なことも多い。まさに夢のような場所でしょう!!(やべ、書いてたらイベント行きたくなってきた←

それと出会いの場所でもあります、決して怪しい意味ではありませんけれど、イベント→オフ会→デート→結婚もあるとかないとかwそれはさておき、爬虫類との出会い、つまり個体との出会いや、いいショップ様、ブリーダー様との出会いがありますね。普段、気にもしてなかったジャンルの生体の魅力に気付いてしまってお持ち帰りしていたのはよくある話で。。。普段なかなか足を運べない専門店のスタッフに質問したりアドバイスしてもらえるのもイベントならではかもしれないですね。

私は学生の頃、初めて行ったイベントでカメレオンを購入し、数年後、その業者様からカメレオンを卸してもらうようになりました。業界に勤めている方ならそんな出会いもありますね、もちろん出店したら挨拶回りに忙しくなりますが。。。

さてここまで良いこと尽くしで書きましたが、中には失敗した。。。となることもあるわけで。。。ここ最近でいえば、なんとかかんとかスネークを衝動買いされた方がうまく育てられず失敗してしまい、それが飼い主が悪いのか、販売した店が悪いのかみたいな話に飛び火してえらい燃えていました。イベントによっては満員電車並みの混雑になることもあり、人気店ではなおのこと混雑します。そうなると買う側も売る側も忙しさや焦りから説明が不足していたり、あとからネットで調べればいっか的なことになってしまうこともあるとかないとか。。。まだまだマニアック度の高い生体がいる爬虫類業界、ネットで検索しても数件しかヒットしないような生体や、販売情報だらけで飼育についてまったく触れらていない、もしくは長生きしないとしか書かれていないような種類もあったりで。。。もし、その場で思わぬ出会いがあってお迎えすることになったら、最低限、飼育温度や与える餌はしっかりと聞いておきましょう。親切なショップなら名刺をくれると思うのですが、そうでなければせめてブース名や番号を控え、あとから何かあれば連絡できるようにするとよいでしょう。結局のところ、飼い主が悪いかショップが悪いか問題は、どれだけショップ(ブリーダー)がフォローできるかだと思います。誰だって初めて飼育する生体があるわけで、それを飼育できるように持っていくのもスタッフの腕の見せ所かもしれません。もちろん飼育する側も、自ら勉強し準備や用意をそろえるのが大事です。売ったら売りっぱなしになってしまいがち、ですが、ブリーダー様から直接購入できフォローもばっちし!みたいなブースも多いので、よっっっく見極めましょう←無茶ぶり

そんな私は、大阪(関西)のイベントに出店して行く予定です。爬虫類世話代行に繋げたい下心ももちろんありますが、上記のフォローのことや物理的な近さ、何かあればすぐに相談に乗ってもらえる、そんな身近さ、距離の近さを売りにしたいです。それと生体にかかる負担(移動のストレス、冷えたり暑すぎたりする問題)や移動費などの負担、家に残してきた子たちの管理などを思うと、その日のうちに行って帰って来られるイベントが理想的かななんて思うわけで。もっと言えば今年のうちに店舗をかまえようかと、そんな予定もしております。

関西のイベントでカエルヘッドを見かけたら、どうぞ宜しくお願いします♪

 

REPBUDDY 2018年イベント出店情報(予定含)

3月18日 アクアリウムサンク様4周年記念イベント出店(クリックでブログ表示)

お世話になっているアクアリムサンク様の4周年記念イベントに招待頂けました!いつもありがとうございます。今回は熱帯魚店ということもあり水生カメと人気のモモンガを数種類持っていこうかと思います。まだ追加で持っていけそうな生体もあるので3月にはまた告知いたします。

 

5月6日 爬虫類市場(春)

12月 爬虫類市場(冬)

こちらも毎度毎度、呼んで頂いているアゲイン様のイベントです。春は間に合えばレオパのベビーがメインになると思います。昨年、好評だった昆虫くじもやりたいですね!Twitterアカウント@name_reptile様のグッズも販売予定です。

 

今年も爬虫類業界を盛り上げる一人になれたらと思います♪

その他おすすめ記事

イベントで生体を購入したら

爬虫類世話代行について

 


REPBUDDYの挑戦【ビバリムの作成!!】


ども、REPBUDDYのツルカワです。

もう昔話になりますが。。。ショップ時代、レイアウト水槽を手がけていたこともありました。最近、水槽の壁面を土で覆って植物を育成するのが流行っているみたいなので久しぶりにレイアウトでもしてみようかと。。。

用意したのはこちら

JUNモデリングソイルとグラステラリウムナノです

ぱっさぱさのモデリングソイルに水を加えていきます

色が濃くなって握って固まるくらいになったら使えるみたいです。爪とか皮膚のすきまにめっちゃ土が入るので気になる方は手袋推奨です。

今回は下地に赤土球を使用、大きめで通気性も確保します。濡らした壁面にさっきのソイルを貼り付けていきます。けっこう分厚くても引っ付きます。

ここまでわずか数分です。とても便利で楽しいですね!!引っ付けながら段差をつけたり枝を埋め込んでみたり、ここからはセンスが問われるところ。。。

ちょっと途中はしょりましたが、段差や枝を付けてコケをひいてみたものがこちらです!!←

久しぶりにしてはまぁまぁのできかなと思っております。なにせまだ草が少なすぎますね。。。ここから和風にわびさびを楽しむも良し、エキゾチックな雰囲気にするもよし、楽しみは尽きませんね!!

ビバリウムはケージごと育てる感覚を楽しめます、時間はかかりますが自分で環境を作るというのは感慨深いものがあります。多湿なので両生類がメインにはなりますが、高さもあるのでカエルとか飼うと雰囲気も合っていいかもしれませんね。

また草を追加したり、生き物を追加したら報告します♪

それでは次回の挑戦をお楽しみに

 

爬虫類のお世話代行やってます!!詳しくはこちらからどうぞ

 


REPBUDDYの独り言【生体の盗難】


ども、REPBUDDYのツルカワです。

最近、爬虫類界隈を賑わせた話題と言えば、某店でのボールパイソンの盗難事件。やれ防犯カメラに犯人が映っていたとか、手口からしてマニアの仕業だとか…

少しながらやり方は過激だなぁとは思いますが、割と生体の盗難はあったりします。イベントでの盗難は相変わらず毎回のごとく聞きますが、お店でも用品の万引きや生体の盗難は死活問題かも知れません。

そんな私も過去にがっつり盗難されてしまったことがあります。それはまだ私が20歳にもなってない頃のお話。熱帯魚専門店の爬虫類コーナーの設立を任されることになった私は、その日、爬虫類コーナーのオープンに向けてばたばたと準備していました。仕入れてきた生体を用意していたケージに移していき、それを8畳ほどの広さのコーナー全部のケージに行っていました。その中には人気のあるリクガメもいました。1番奥の1番下の段にリクガメ達を移して、その後もばたばたと忙しくしていました、ふと先輩方と話の中でリクガメを見てもらおうと思いケージを見ると…

「いない…(顔面蒼白」

リクガメです、それもベビーサイズ。3匹中3匹とも。脱走はまず考えられず、入れ忘れた?間違いなく入れた、置き忘れた?探したけど見つからず…そうこうしているうちに騒ぎを聞きつけた店長が、監視カメラの映像を見てくれました。そこにはキョロキョロしながらリクガメのケージに上から手を突っ込んでカメを盗む人の姿が!!

恐らく犯人は爬虫類にある程度詳しい人間でしょう。ケージの構造を知っているようでしたし、恐らく何度か見に来てどのケージに何が入るのかセッティングを見ていたのかも知れません。

当時の私はいろんな意味でショックでした。コーナー開始早々に商品を盗まれたことによる損失を出してしまったショック、そして何よりも生体を盗むという悪事を働く人間がいるというショック…

結局、警察にも通報しましたがリクガメは見つかることはありませんでした。その後は防犯対策を厳重に行ったため、盗難や万引きなどはありませんでした。

生き物好きには悪い人はいない、なんて言葉もありますが、誘惑の前に時として悪事を働く人もいると痛感させられる事件でした。自分が今後、活動していく上でも勉強になったと思います。

もちろん、盗難だけでなく脱走にもご注意です!←

次はそのあたりでも書こうかしら

爬虫類お世話代行致します!詳しくはこちらから!


REPBUDDYの独り言【忘れられた(忘れられない)2匹】


ども、REPBUDDYのツルカワです。

今年はブログを毎週に更新にしようかなと思い立ったわけですが、何を書こうかと…

昔話を交えながら生き物の管理のこととか、仕入れのこととか、接客のこととかを書いていこうなんて思いついたわけで

 

初回なんでちょっとキャッチャーというか刺激的というか、ショッキングな記事にしようかと思います。

ペットショップ、とりわけ犬猫で都市伝説のように言われるのが「売れ残りは殺処分される」という話、一部の悪質な店を除き、ほとんどの店ではそんなことは無く、現場のスタッフは日々努力しながらいい家族様にお迎えしてもらえるようにお世話しています。私が働いていたペットコーナーでは売れ残った子を他店舗に移動したり、スタッフが愛着沸きすぎて自分で購入してしまったりと、処分されるようなことはありませんでした。

ただ忘れられない2匹がいます

その2匹は仕入れた子ではなく、ホテルで預かった子でした。(仮称)AとKと名付けられた2匹は夏休みにホテルに預けられた雑種の成犬で、熱帯魚コーナーで働いていた私もたまに食事の手伝いや、散歩の様子を見ていたりで良く知る2匹でした。しかし夏が過ぎ冬が過ぎ。。。他のわんちゃんが家族様のお迎えで帰っていく中、AとKはずっとホテル室にいたままでした。スタッフが家族様に連絡するも繋がらず、半年ほど経ちました。確か警察にも届けていたように思います。しかしながら家族様は結局2匹を迎えにくることはありませんでした。2匹が預けられて1年が過ぎたころ、2匹を見なくなりました。そうです、飼い主不明の扱いになり、保健所に行ったと聞かされました。

実は保健所に行ってもしばらくは里親の譲渡会などがあり、必ずしも殺処分されるわけではありません。ペットショップのスタッフや保健所の職員は最後の最後まで飼い主さんを見つけるために努力しているのです。

別に私はペットショップでわんちゃんにゃんちゃんを「買う」のが悪いとは思いません。保健所の譲渡には条件があったり、ショップの中には病院やサロンが併設されていて手厚いサービスを受けられたり、一緒に過ごしていく中でアドバイスを受けられたりします。その一方で保健所で新しい家族を待つわんちゃんにゃんちゃんがいるのも事実ですが。

話は飛びますが、幸いにも爬虫類は育った個体の需要が高いため、処分されることは少なくほとんどの個体は新しい家族に迎えられます。ですが、今後AとKのようなことが起こる可能性は0ではありません。その前に、飼い主様や飼われている爬虫類たちのために何かできないかと思わずにはいられないのであります。

初回からちょっと暗い話でしたが、少々のことでは処分することはないということが伝わればと思います。次回はちょっと明るい楽しい話にしなければ。。。

ご質問、リクエストなどあればコメント欄やツイッター@repbuddy0080までDMいただければと思います。

爬虫類お世話代行サービス(犬猫はご飯くらいなら。。。)のご案内はこちら

 


REPBUDDYの今年と来年


ども、REPBUDDYのツルカワです。

こんな時期なんで、今年の振り返り&来年の目標なんて書いてみたり
(来年こそは更新頻度を上げたい。。。なんて思ったり。。。)

今年もいろんなことを経験できました。

1月はパンサーの産卵
いままで飼育管理はしてきたものの、初めての繁殖に緊張した毎日でした。


2月はエボシのお迎え
パンサーで調子に乗った私は3匹も購入、案の定、しばらくして痛い目を見るのでした。。。


3月は引き続きパンサーの産卵
どんどん産卵するので楽しみでした。


4月からはレオパの繁殖
今年はアルビノがうまくいかなかったので来年こそ期待したいです。


5月「爬虫類世話代行サービス」の開始!!
今年の依頼は預かりとお世話依頼が数件でした。来年は告知の幅を広げていこうと思います。


6月は夏の爬虫類市場
REPBUDDYとして初めてのイベント出店!!昆虫くじは大盛況でした!!


7月と8月はパンサーカメレオンの孵化!!
ここからベビー飼育の大変さと向き合うことに。。。


9月ぶりくら市出店!!
国内屈指のイベントへの参加で緊張しましたが、たくさんのお客様に恵まれお迎えして頂けました♪


10月飛ばして11月はジャクソン(その他もろもろ)をお迎え!!
ついに角系の飼育です。緊張した日々が続きました。


そして12月、冬の爬虫類市場
協力してくれる仲間のありがたさが身にしみたと同時に、来年の課題点を見つめ直す機会になりました。

こうしてみるとあっという間に過ぎたと思いきや充実してますねー
来年の課題としては
・世話代行をさらに周知する(サポート店との提携、広告媒体など)
・自家繁殖以外にも仕入れや委託など生体入手ルートの拡大
・オフ会や個別での販売会などの小さな集まりイベントの開催
まずはこのあたりから頑張って行こうかと思います。

今年もあとわずかとなりました。
皆様と皆様の小さな家族様たちが良いお年を迎えられますように!
来年も無事に過ごせますように!
(困ったことがあればお声かけいただけるように!←)

でわでわ、あなたの相棒REPBUDDYでした!
来年も宜しくお願いします♪