タグ別アーカイブ: イベント

野生個体(WC)と繁殖個体(CB)について


ども、REPBUDDYのツルカワです!!

先日のぶりくら市は持っていった生体のほとんどが新しい家族に迎えて頂けたりと大盛り上がりでした!!
ぶりくら市自体も過去最多出店数、過去最多来場者数だったそうで
REPBUDDYブースに立ち寄っていただいた皆様方、お迎え頂いた皆様、
いつもREPBUDDYを応援してくださる皆様、そして何よりぶりくら事務局の皆様
この場でお礼申し上げます。(ばたばたしてて会場の写真をぜんぜん撮っていないのは内緒←

なので、今回は野生個体(WC)と繁殖個体(CB)の違いについて私なりの解釈でも書こうかと
※あくまで私なりの解釈ということでご了承ください。


まず野生個体のメリット
・色彩が綺麗
・体格が立派
・野生個体しか流通しない(新種、繁殖が困難)
ぱっと浮かぶのはこの3つでしょうか、まず色彩は特にカメレオンやトカゲ類など、飼育下ではなかなか出せないような発色をしている個体も多く、マニア心をくすぐる要因の1つでしょう。体格も同じくでウォータードラゴンやバシリスクなどクレストが伸びるタイプのトカゲは立派な個体が多いです。そしてモニターや1部のヘビでは繁殖が困難なために野生個体の流通がほとんどといった種類もあります。
デメリットとしては
・傷や爪などの欠損
・病気、寄生虫のリスク
・個体数の減少、規制、現地の状況などにより流通しなくなる
・飼育、繁殖が困難
もちろん野生個体なので襲われたりした際の傷や輸送中に仲間ともみくちゃになった際に爪が欠けたりすることがあります(カメの仲間ではワニの歯形がついていたりなんてことも・・・)。傷や爪くらいなら治ることもありますが、指ごと欠損していたり尻尾が切れていると、見た目にも大きく影響するので購入を避ける人も多いでしょう。目に見えるものばかりではありません、輸送中のダメージで病気を発症したり、寄生虫にやられてしまう個体も少なくありません。本来野生個体は多かれ少なかれ寄生虫と共存しており、普段はそのバランスを保っていますが、そのバランスが崩れると寄生虫が大量に繁殖し宿主の負担となってしまいます。そして、毎年騒がれています流通個体の規制や絶滅危惧種への指定など、いままで流通していたのが出来なくなるパターンです。繁殖が難しい種類だと手に入れることが突然難しくなってしまうことも・・・さらに野生個体はなかなか餌付かなかったり現地の環境を再現しないと繁殖しないなど飼育のハードルがやや高めの種類も多いです。


次に繁殖個体のメリット
・飼育しやすい
・病気、寄生虫のリスクが低い
・安定した流通
・品種など血筋がはっきりしている場合が多い
何より繁殖の個体の魅力の1つはその飼育のしやすさでしょう。例えばカメレオンでも繁殖個体であれば家に持ち帰ったその日から、普通に水を飲んだり餌を食べたり(ほんとは餌は数日後が良い)します。それくらい繁殖個体は飼育されている状態に慣れています。またブリーダー様の多くは病気や寄生虫の発生がないように普段からきちんと管理されているので、病気や寄生虫をもっている子も少ないでしょう。ただし飼育しているうちになにかしらのルートで寄生虫が入り込んでしまうことも多いので油断は禁物です。レオパやコーンスネーク、ボールパイソンなど繁殖個体は様々な店やイベントで購入できます。安定した流通も魅力の1つでしょう。そしてブリーダー様が手塩にかけた個体は親やそのまた親の情報まで残っている個体も多く、ベビーでも将来の色彩がある程度わかる、繁殖する際の確かな情報を得られるなどのメリットがあります。
繁殖個体のデメリット
・病気、寄生虫に弱い
・高額な場合も多い
・色彩、体格が野生個体にやや劣る
繁殖個体の中には生まれながら弱い個体や、病気や寄生虫に弱い個体もいます。野生個体との接触は出来るだけ避けたほうが良いでしょう。少し前に話題になったレオパのレモンフロストやもっと前であればボールパイソンのブルーアイリューシのように、繁殖個体ならではの色を持つ品種もありますが高額な場合も多く憧れの生体になることも・・・逆にまだ品種改良が進んでいない種類のトカゲ類では、野生個体のほうが色も形も立派だというものが多く、多くのブリーダー様の課題の1つと言えるでしょう。

さて多くの皆様が思うところは
「結局どっちがいいの?」というところでしょうか
私の思うところでは、初めて飼うなら繁殖個体を、爬虫類沼に落ちたら野生個体を、が結論になりそうです。
初めて飼育する個体で人慣れしなくて餌も食べないだと心配で不安で飼い主が病気になりそうですし、なにより野生個体は最低限のお世話だけであとは放置が良いのですが、初めてのうちはなにかと構いがちで・・・良くない結果になることが多いように思います。
もちろん野生個体でもショップの方が丹精込めてお世話して人に慣らし環境に慣らし寄生虫も除去し完璧な状態にしてくれているような場合もあります。そんな素晴らしい個体に出会えたなら初めてでも飼育できると思います。上級者の中には、ぼろぼろの野生個体を自分の手で完璧に仕上げていくというマニアック(褒め言葉)な楽しみをされる方も多いとか??

繁殖個体オンリーのぶりくら市以外にも様々なイベントが開催される今日このごろ、皆様の個体選びの参考になれば幸いです。

でわでわ、あなたの相棒REPBUDDYでした。


ぶりくら2017出店!!


ども、REPBUDDYのツルカワです

なんと。。。な、なんと!!??
日本屈指の爬虫類イベント
「ぶりくら2017」に出店することになりました!!!

というわけで
出品生体をご紹介♪


パンサーカメレオン ノシベ ベビー 限定1匹 ¥15,000-
たくさん生まれたベビーでしたが、うまくいかなかったり人に譲ったりしてたら、いつの間にか1匹に。。。
まだ卵も控えていますが孵化は間に合いませんでした(汗
なので限定1匹です


レオパ マックスノーハイポ(マックスノーハイポ×マックスノーハイポ) ¥8,000-
あまりメジャーではありませんが(むしろ邪道?)マックスノーとハイポタンジェリンの交配モルフです。
頭と尻尾のゴマ模様と胴体の黄色が綺麗で私は好きなモルフです。


レオパ スーパーマックスノーハイポ(マックスノーハイポ×マックスノーハイポ)¥12,000-
先ほどのマックスノーハイポのスーパーマックスノーになったモルフ
黄色みが少なくなり白っぽくなります。


レオパ ハイポタンジェリン(マックスノーハイポ×ストライプ)¥8,000-
マックスノーハイポの親のハイポタンジェリンの因子が出たのか淡いハイポタンジェリンが生まれました。


レオパ マックスノーストライプ(マックスノーハイポ×ストライプ)¥10,000-
人気のマックスノーのストライプ表現!ハイポがかかっているので淡い感じの色合いです。


レオパ ストライプ(マックスノーハイポ×ストライプ)¥12,000-
ハロウィンマスク風な模様と綺麗に抜けた模様が素敵な個体です♪


レオパ ハロウィンマスク(マックスノーハイポ×ストライプ)¥6,000-
ストライプはでなかったですがハロウィンマスク表現の個体です


レオパ マックスノー(マックスノーハイポ×マックスノーハイポ)¥5,000-
ハイポがあまりでなかった個体です。

以上、パンサーとレオパの販売と
フクロモモンガ(値段検討中)
タイゴーストザリガニを同時出品します!!

初めてのぶりくら出店で至らない点もあるかと思いますが、皆様どうぞよろしくお願いします!!
それでは会場でお会いしましょう♪

REPBUDDYでした♪


爬虫類市場2017


ども、REPBUDDYのツルカワです。
いよいよ梅雨入りかと雰囲気の中、先週出店しました爬虫類市場の様子をお伝えします♪

IMG_zfujat

今回、REPBUDDYは37番!!
中央ブース島の角、しかもDJブースの目の前というベストポジションで出店させていただくことができました。
ブースは昆虫くじ(カブクワ以外もいろいろ)、カエルの生体販売の他、ハンドメイドの缶バッジ、バードテントやハンモックの販売を行いました♪

昆虫くじは1/75という高確率だったので皆様、続々と大当たりを引いてましたー!!
子供の笑顔が嬉しいですねー

IMG_20170620_162247

IMG_20170620_162243

会場全体はというと
朝から多くのお客様で賑わいました!
ブースは1/3くらいがグッズやイラストの作家さんブースで生体と同じくらい盛り上がっていました。
そして今回はビバリウムガイドの冨水さんも来られてたりで、みなさん爬虫類談義で盛り上がっていましたよー

今回の出店に関して、爬虫類喫茶アゲイン 店長様をはじめスタッフの方々、お世話になりました皆様、楽しんでいただいたお客様に、
この場を使ってお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
また冬の爬虫類市場もあるらしいので、そっちに向けても準備していきます!

今回の私のお迎えは・・・
IMG_-7jjwg
人気のチョークアート作家 はなとりゅうさんのボードです♪
ありがとうございましたー!


レプタイルズフィーバー2016


ども、REPBUDDYのツルカワです。ここしばらく私生活がバタバタとしておりまして、更新が滞っておりました。。。
レプタイルズフィーバーも行きたかったのですが行けずで(泣

写真をREPBUDDYサポーターのI様にいただきましたので、私と同じく行けなかった皆様に雰囲気をお届けしたいと思います。
ファイル 2016-07-18 12 28 07

ファイル 2016-07-18 12 28 29

ファイル 2016-07-18 12 28 47

ファイル 2016-07-18 12 28 59

今回も大変な賑わいだったそうですねー(汗
年々、爬虫類イベントが増えて業界が活性化するのは良いことですね。数年前は、昆虫、奇虫と爬虫類両生類のイベントといった印象でしたが、いまは半分くらいは猛禽類や小動物(エキゾチック)といった感じでしょうか??土日のイベントとあって子供連れの方も多いですねー、子供が好きなのか親が好きで連れてこられているのかはさておき、若い芽が育つのはいいことです。
しかしながら、今回も悲しいことに生体の窃盗事件や、来場客が持ち込んだ生体の扱い方について苦言が出たりしていました。この業界が長く続くためにも、問題なく穏やかに楽しみたいですね。

次のイベントには参加できるかしら・・・

またどこかのイベントでお会いしましょう♪
あなたの相棒、REPBUDDYでした。

合わせてこちらもどうぞ
イベントで生体を購入したら・・・


爬虫類市場2016


ども、REPBUDDYのツルカワです。
o0800110213519841744
今回も爬虫類喫茶アゲインさん主催のイベント「爬虫類市場2016」に参加しましたので、その様子をご紹介♪
写真 2016-05-03 15 44 16
今回も会場はアゼリア大正、出展者は前回よりも多い36ブースでした。http://ameblo.jp/again-www/entry-12152000890.html
その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

ファイル 2016-05-06 15 39 56
まずはコーンスネークのブリードがメインのwestreptilesさん
レプティケースやオシャレなボトルでヘビを販売しているのが印象的でした(真似しようかしら?←

写真 2016-05-03 10 58 50
アクアスペースさんは今回も参加です。レオパからボール、モニターからアガマまで幅広いジャンルの生体で、お客様を迎えていました。
その横のブースにはStand Up (スタンドアップ)さん、特定動物の販売をメインにしていますが、その他にもボールパイソンや猛禽類も販売されていました。

写真 2016-05-03 12 06 03
関西レプタイルプロさんも同じく様々な生体を並べていました。やはり、インドネシアのワイルドものやレオパが多いように見えました。生体数は一番多かったのではないでしょうか。

写真 2016-05-03 12 48 07
同じく関西イベントの顔といえばE.S.P.さん、こちらも圧倒的な生体ラインナップでした。ヒルヤモリなどのヤモリ系が多かったように思います。ベビーのサバンナモニターがとってもキュートでした。

ファイル 2016-05-06 15 56 48
オリジナルケージ作成で有名な龍匠さん、今回もそのクオリティの高いケージは一般の愛好家のみならず出展の業者からの人気も高かったです。一緒のブースでは冷凍餌販売のカタファームさんはフクロウたちを展示されていました。
また、弁天町にBLUE ANGEL(ブルーエンジェル)という新しい爬虫類カフェがオープンするらしく大きく宣伝されていました。
他に人気だったのは、タランチュラをメインに販売されていたOFFSPRING (オフスプリング)さん、ベビーのタランチュラがたっくさんいました。ちいさきもの倶楽部さんのレオパやニシアフも大変人気だったようです。太虫巣芸さんのシルクワームは午後には売り切れるほどの大人気商品!!私も欲しかったのですが買いそびれました・・・(実は太虫巣芸さんは私の相棒の上司だったということがこの日発覚しました←

他にもレオパやボールを中心に、moon-snow@レオパさんなど多数の有名ブリーダーの方々も多く出展されていました。

ファイル 2016-05-06 16 11 06
作家ブースも盛り上がっていました!!
私も実は隠れ?ファンのふるふる工房さん、ピンクマウスのグッズで有名ですね。Scale Crown (スケールクラウン)さんは生き物をベースにオシャレで格好いいイラストを販売されており、私も思わず1枚いただきました。爬虫類絵師まーみーさんの可愛いイラストは種類やバリエーションが多くなっていました。

今回は抽選会までずっと人が多く大盛況でした!!人は多かったですが、とてもなごやかな雰囲気でした♪
今回は名物??のコスプレは店員さんが多かったですねー(写真は撮りそびれました能無しバディですみません。。。)

次回は秋ごろの開催を予定しているそうです!!次回の開催も楽しみですね♪
ファイル 2016-05-06 16 27 24
次回も会場でお会いしましょう♪See you again♪
みんなの相棒、REPBUDDYでした。