タグ別アーカイブ: カメレオン

挑戦!!パンサーカメレオンの繁殖!!【サンバーバ産卵。。。】


明けましておめでとうございます、本年もREPBUDDYを宜しくお願い申し上げます。

さてさて、新年最初はおめでたい話題から。。。
1月2日の夜遅くにパンサーカメレオンサンバーバが産卵しました!!。。。大喜びしたいところですが、♀は穴を掘り切れず、床材の上に卵をばらまいてしまっていました(汗
産み切っていないかもしれませんし、少し心配です。一応、水も飲み餌を食べ始めたので大丈夫かと思うのですが。。。
卵は有精卵が13個、見つけたときいくつかは乾燥してへこんでしまっていましたが、2日ほど経つとしっかりと膨らんでいました。
ノシベと同じスケジュールでいけば7月末に生まれるのかな。。。
♀のケアと卵の管理と気が抜けない日々が始まりましたが、可愛いベビーを皆様に見てもらえるように頑張っていきます!

万が一、乾燥してへこんでもしっかりと湿度を保ってやれば大丈夫なことも多いです。
産卵後の♀の様子、お腹はやや膨らんでいます。産み切っていないのか、早くも次が控えているのか。。。心配は尽きません。

また続報あればご報告致します。

一昨年のノシベの様子はこちら
サンバーバの交尾の様子はこちら

【挑戦!!パンサーカメレオンの繁殖!!】今年はサンバーバ??



REPBUDDYのつるかわです

今年、うちでキープしていたサンバーバの♀がようやく繁殖の準備ができたみたいで♂と会わせてみることに。。。


実は以前から何度か試していたのですが、♀が調子を崩してしまったり、♂を拒否したりとうまくいかず、今回はどうかな。。。なんて思っていると。。。
尾を上げて♂を受け入れる体勢に!!これは大丈夫と見守ること数分、すぐに交尾が始まりました。


交尾は小一時間続きました。翌日、しっかりと妊娠色になった♀、以前にノシベの繁殖がうまくいったスケジュールとほぼ同じ、これは今回も期待したいですね。


交尾後の体重76g 以前計測したときは60gほどだったので期待が高まります。


実はノシベも繁殖に向けて同居させたりと様子を見ていますが、うーん。。。どうでしょうか、こちらはなんだか確信が持てずで。。。
交尾もして色も変わったことは変わりましたが、以前と雰囲気が違うのでなんだかなーと、引き続き様子を見ます。

ジャクソンも順調ですので、これはまた別の記事にまとめます。
また経過報告致します!

REPBUDDYでした♪

挑戦!!パンサーカメレオンの繁殖!!の別記事はこちら

REPBUDDY店舗情報


挑戦!!ジャクソンカメレオンの繁殖!!【交尾しま・・・した?】



REPBUDDYのつるかわです

去年、即売会で購入したジャクソンカメレオンですが1年が経ち、立派になりました。
その時の様子はこちら
少し前から♂が頭を振ったり、♀が側のケージに近寄ったりと、お互いを意識しあうような仕草が目立ってきましたので、交尾させてみることに。。。


10月18日
♀は受け入れ準備万端ですが、♂がシャイなのかなかなか動きません。。。
放置すること数時間、気づくと離れてました。
♀の排泄口が広がっていたので恐らくは交尾が済んだはず。。。???
次の日に、もう一度会わせてみましたが♀は♂を拒否したので交尾したんでしょう←
♀の体色の変化はパンサーほど著しくないですね。わずかに黄色の帯が入ったようなカラーです。
♂を拒否するときはまるで迷彩色のような黒色の模様になります。


11月8日 ♀の体重89g
ここから増えるようなら妊娠確実ですね。ここから半年くらいでしょうか、また近況報告致します。

12月8日 更新

体重が早くも100gを超えました!すでにお腹は重たそうで。。。枝に登るのも大変そうに見えますが、産むのはまだ先だと思うので引き続き様子を見ていきます。

飼育データ
温度22~28℃、湿度60~80%
鳥かごにて飼育、26w紫外線灯とエアコンにて空調管理
給餌♂数日に1度、♀ほぼ毎日

東大阪布施に店舗オープン!!(爬虫類は準備中)


挑戦!!エボシカメレオンの繁殖!!【孵化から1か月】



REPBUDDYのツルカワです。
日々、事務業と立ち上げた店舗の仕事と慌ただしくしております。
そんな中でも、エボシベビーは順調に育っております♪
孵化の様子はこちら


孵化して1週間もしないうちくらいにコオロギのSSサイズやショウジョウバエを与えておりました。最初は食べているかどうかわかりませんでした。
お腹のへこみ具合や水槽内のコオロギの数を見ながら毎日から数日おきに与えております。



2週間もすれば見ている前で餌を食べるようになりました。
少し大きめのSSサイズのコオロギも食べています。


やっと1か月、倍の大きさになりましたが、それでもレオパのベビーに比べてなんと小さなこと。。。
毎日の世話は変わらず、日に数回の霧吹きと毎日の餌くらいです。
温度は少し冷え込んでいるので25~28℃ほど、もう少し上げられればベストかも?
引き続き様子見ていきます。
また変化あればご報告いたします。

REPBUDDYでした♪

困った時はお申し付け下さい。爬虫類お世話代行はこちら!!
東大阪布施駅から徒歩5分!爬虫類専門店REPBUDDY


挑戦!!エボシカメレオンの繁殖!!【孵化しました!!】



REPBUDDYのツルカワです。

エボシカメレオンが今年の3月に産んだ卵が孵化しました!!
産卵の様子はこちら


9月16日 卵の表面に水分が滲みだす。


9月19日 卵に切れ目が入り鼻先と尾が見える。


9月20日 卵から出てきました!!(可愛い!
次の日には歩き始めたので水槽に移しました。

孵化までのデータ
3月22日産卵 9月19日孵化(約6か月)
管理温度25~28℃
現在の飼育データ
ケージ:ガラス水槽(30×15×20)
背面にパネルヒーター、照明兼バスキングに20wレフ球
温度28~32℃

無事に大きくなるように育てていきたいと思います。
REPBUDDYでした♪

REPBUDDY店舗準備中!!通販サイトもオープンです!!


挑戦!!パンサーカメレオンの飼育!!【発色しました!!】



REPBUDDYのツルカワです♪

今年、生まれたパンサーカメレオンは順調に大きくなりました!!
前回の記事

5月10日の様子

この時はまだうっすらと色が出る程度でした。

5月28日の様子

赤色が発色し始めました。

それから約一ヶ月後の6月21日の様子

青色はべた塗りの水色、赤色はじわじわと範囲が広がってきました。

7月4日の様子

水色だった部分は緑色になることが多くなりました。

8月9日の様子

しっかりとした緑にうっすらとした水色、目の周りにはっきりとした赤色が発色しました。

現在の飼育データ
ケージ:60×30×30爬虫類ケージ
温度湿度:27~33℃ 40~60%
給餌:毎日か1日おきにコオロギMLサイズやジャイアントミルワーム等
給水:朝晩の霧吹き

最初は茶色だったベビーも孵化から8ヶ月、どんどん色彩が変化して、ほぼ色のパターンが決まったように見えます。
今後もまだ変化があるかもしれません、楽しみです♪
また変化あればお知らせします。

皆様の飼育の参考になれば幸いです。
REPBUDDYでした♪

パンサーカメレオンの飼育、繁殖についてはこちらもどうぞ!!
パンサーカメレオンの飼育
パンサーカメレオンの繁殖


挑戦!!カメレオン飼育!!【水の上手な飲ませ方】



ども、REPBUDDYのツルカワです。
カメレオンの飼育は難しいとよく言われます、動くものしか食べない、温度が高すぎても低すぎてもダメ、目線より下に置くとストレスで弱る、そして何より
「水を飲まない」脱水に弱く、水が飲めないと舌が伸ばせず餌が食べられない、目が開けられず餌が食べられないと悪循環に陥ります。
今日はそんな癖のある、ありすぎるカメレオンたちにいかに水を飲ませるかをご紹介。

そもそも彼らは自然界で何を飲んでいるのか??
カメレオンたちは雨期や山岳地帯で活動します、日々の雨や朝露夜露など口を開けているだけで勝手に水が入ってくるような場所で生きています。なので彼らが水と認識するのは、「上から落ちてくるキラキラした滴」ということです。これをいかに再現するかが大事になります。

1.霧吹き
まず思いつくのは霧吹きでしょうか。霧吹きといっても市販のしゅっしゅと吹くあれはあまりオススメしておりません。なぜなら彼らに飲ませるくらいの水量をそれで吹こうものなら、毎日が腱鞘炎です←
オススメは加圧式のばしゅー!と水が出るタイプの霧吹きや、近頃新しく出た真空式の霧吹きです。一回の噴射でかなり長く吹けるので負担も少ないでしょう。コツは少し温めの水を吹くことです。冷たいとカメレオンが驚いてしまうように感じます。生体にかからないようにとよく言いますが、私はあまり気にしたことはありません。むしろ少し顔にかけてやって、目を洗ったり、口を開けるなら水を入れてやったりしています。この時、水を飲まない子には、ケージ内の枝や葉に水滴がたくさん残るようにしてやるとキラキラに反応することが多いです。ガラスケージなら壁面の水滴も効果的、蓋に水滴をびっしりつけてやるのも反応が良いです。

2.ドリッパー
水滴を垂らす道具で、簡単なものならカップに穴を開けたものでも構いません。商品として販売されているものは、水量の調節が簡単にできるようにコックがついていたりして便利です。垂らす水滴の速さですが、1秒に一滴を目安にするといいと思います。ドリッパーを使用する場合、下に水受けを置くとケージ内に水がたまらなくて便利ですし、中には水受けから水を飲むことを覚える子もいます。逆にケージ内を加湿したいときはそのまま水を落とすのもいいかもしれません。


エボシカメレオンがドリッパーの水を飲む様子

3.シャワー
荒療治の一つで、この時期にしかできませんが、外やお風呂場でシャワーの水をぶっかけるというものあります。特に大型種に効果的で、高めの位置からシャワーの水をかけてやることで雨を再現します。注意するのは周りの気温、水温が暑すぎず寒すぎず、適温になるようにしてあげてください。

4.スポイドなどで給水
これは最終手段、スポイドやシリンジで水を無理やり飲ませるやり方です。自力で水を飲めない、飲む意欲が全くない子にだけ行います。ここまでやる子はほとんどの場合、餌も取れず痩せていることが多いので薬やビタミン剤、人工飼料を水に溶かしたものを混ぜることが多いです。スポイドはカメレオンの顎先では無く、奥歯?の方、唇を少しめくると歯が見えるのでそこに垂らしてやると流れ込んでいくと思います。かたくなに口を開かない子は、顎先に薄くて硬いものを差し込み無理やり開けることもありますが、傷つけてしまうことがあるので注意です。

ざっと簡単にはなりますが、私が普段行う給水はだいたいこのあたりになります。もちろん他にも給水方法がありますが、高額な商品が必要だったり、そのために1からケージを組む必要があったりするので割愛します。

皆様のお悩みの解決になれば幸いです。
あなたの相棒、REPBUDDYでした♪


爬虫類市場2018.5.6(日)【昆虫くじ!!とカメレオン】



ども、REPBUDDYのツルカワです。

さて、そろそろGWに浮足立つ季節になってきました。今年はGW中の開催となりました「爬虫類市場」形は違えど初回から参加している私としては、とても思い入れの深いイベントです。

さて、そんな今回の爬虫類市場の出品予定はといいますと。。。

【昆虫くじ!!】

昨年の夏に開催して大人気だったこの企画、今年もやりますよー!!はずれ無し!!1等ももちろん当たります!!500円で憧れの外国産カブクワ、ぜひゲットしてください!!

※生体は予定ですので変更する場合があります。ご了承ください。

【生体販売】

・スパイニーカメレオン ペア 38,000円

ヤングサイズのスパイニーカメレオンのペアです。雄だけ雌だけも交渉可能です♪餌付け、状態、共に抜群ですので、初めてカメレオンを飼育する方にもお勧めです!

・クランウェルツノガエル 3800円(グリーン、ブラウン)

人工飼料もばくばく食べます!生後半年くらいのちょっと育った安心サイズ♪

・国産フクロモモンガ モザイクなど各種

モモンガもよく人慣れした子を持っていきます♪一目ぼれ間違いなしです!

【グッズ販売】

・爬虫類、小動物のイラストグッズなど

Twitter 井上@name_reptile様の爬虫類小動物グッズです♪何があるかはTwitter、もしくは当日にぜひご覧ください♪

また追加情報あれば随時、報告いたします!!イベント会場で皆様にお会いできるのを楽しみにしております♪

REPBUDDYでした♪

 

フトアゴやリクガメ、イグアナやヘビまで!爬虫類のペットシッターならお任せ下さい!!REPBUDDYお世話代行


挑戦!!エボシカメレオンの繁殖!!【産卵しました!!】



ども、REPBUDDYのツルカワです。

出会いの春、別れの春、繁殖の春。。。ということで??

先月、交尾させましたエボシカメレオンが産卵したのでご報告です♪

3月19日、産卵床の上でうずくまる雌、産卵が近そうに見えたがしばらくはうろうろしていました。

3月22日20時ごろ、産卵を確認!!数時間にわたり産卵をしていた。

翌日、卵の回収

結果は、有精卵2個(中央両端)、無精卵15個でした。やはり体色が変わったように思えたときにはもう既に無精卵を持ってしまっていたのかもしれませんね。タイミングが難しいところではあります。

そして、もう一つ残念なことは、今回産卵した雌は、卵を産み切れず5日後に死亡してしまいました。産んだあとも妊娠色で、貯精で次は有精卵?と思っていましたが、水も少ししか飲まず、餌も食べず、地面にうずくまるようになってしまい、触ってみると卵が残っていました。産卵床を入れても産めず、そのまま動かなくなりました。原因は個体が小さかったのだと思います。成長期の途中に拒食もあり、大きく成りきる前に卵を持ってしまったのだと思います。産卵にはリスクがあると改めて思い知らされました。奇跡的に残された(恐らく)有精卵を大切に育てたいと思います。

エボシカメレオンは飼いやすい!!とよく売り文句にされますが、やはりカメレオンはカメレオン、状態を崩してしまうとなかなか立ち上がりにくいです。我が家ではパンサーよりエボシのがデリケート??と思えるくらいです。

皆様の飼育の参考になれるよう、これからも情報発信していきます。

今回、命がけで産卵してくれた雌に敬意を。

REPBUDDYでした。

 

交尾の様子はこちらから

エボシカメレオンの飼育について!!


挑戦!!パンサーカメレオンの飼育!!【孵化から現在まで】



ども、REPBUDDYのツルカワです。

三寒四温のこの季節、温度管理が難しいですよね。。。

そんな中、我が家のパンサーベビーはすくすくと育っております。

なんやかんやとイベントだったり卵は結局孵らなかったりとありまして。。。我が家に残ったのは1匹となりました。その子のことでも今日はお伝えしようかと思います。

2018年1月21日孵化、去年の3月25日に産卵なので10か月ほどかかっています。餌を食べるようになるまでは数日かかります。

2月8日の様子、この頃には体色の変化も見られる。SSサイズのコオロギや孵化したてのレッドローチを日々食べるだけ与えました。温度は30℃をキープ

18日の様子、日々の給餌のせいかころころ体系ですw目の前で食べてくれるようになったのはこのあたりからだったように思います。

3月3日の様子、1月ほどで緑色が表れ始めました!これには少し驚きでしたが今後が楽しみですね。コオロギもSSからSサイズになりました。

19日の様子、日に日に緑の面積が広がっています。薄っすら緑な日もあればはっきり緑の日もあります。頭部もベビーの時のまんまる頭から少し角ばってきたように見えます。

飼育環境は45センチ水槽(45×20×30cm)、蓋無し、50w保温球と13w紫外線灯、温度は27~32℃前後、餌は餌皿を使用して全部いなくなったら(食べたら)その都度、コオロギSサイズを補充、日に3度霧吹きで湿度は60%前後、床はペットシーツで給水が悪くなってきたら交換してます。

ざっくりとですが2か月の成長の様子です。この子は将来の種親にしてみたいので、成長の記録をつけていきたいと思います。

またご報告いたします。See you again♪

パンサーカメレオンの飼育について

あなたの代わりに爬虫類のお世話します!!詳しくはこちら!!