タグ別アーカイブ: レオパ

REPBUDDY店舗【4月のイベント情報】


REPBUDDYのつるかわです♪

新生活が始まる4月。。。店舗でも嬉しいお迎えが続々と決まっております。
REPBUDDYではイベント出店や店内イベントを行い、4月も盛り上がっていきますよー!!

【4月のイベント情報】

13日moonsnowレオパ様 展示即売会
ぶりくらやSBSにも出店されているmoonsnowレオパ様 がREPBUDDY店舗にて、即売会を行います!!
画像からも伝わるこの素晴らしい発色。。。
他にもエニグマやエクリプスなど数個体やってきます。
即戦力の素晴らしい個体ばかりなのでぜひご覧にお越しください。
21日 インセクトディスカバリーin ATC
さぁ!今年も早くもカブクワシーズン到来です!?!?
関西最大級の昆虫イベント、インセクトディスカバリーに今年もBHGreen様と共同で出店させて頂きます。珍しいカブクワはもちろん、大人気!?昆虫部まえだ氏のオリジナルマットもお持ちしますのでぜひお試しください。
28日 爬虫類市場inアゼリア大正
毎度、お馴染み?爬虫類市場!!今年もREPBUDDY出店です。
デザイン部井上さんの大人気!!お迎えフラグTシャツ、お迎えフラグバッグ、各種アクキー、ステッカー
昆虫部まえだ氏のカブクワ生体、太田スタッフのモモンガなど
そして私つるかわは少しだけ爬虫類を持って行くのと、久しぶりに昆虫くじでもしようかしら
ぜひお楽しみに♪
各イベントの詳細はまた近日に追ってご案内しまーす★
4月もみんなで一緒に楽しんじゃいましょー!!

あなたの相棒、REPBUDDYでした ♪



REPBUDDYでは旅行や出張の間の留守、
突然の出来事でお世話ができない間のお世話代行を行います!!
店舗でのペットホテルも検討中
あなたの困ったを解決します。
詳しくは↓↓
爬虫類お世話代行
あなたがREPBUDDYを選ぶ3つの理由

REPBUDDYの独り言【レオパの繁殖】


REPBUDDYのつるかわです

今年もそろそろレオパの繁殖シーズンですね
ブリーダーの皆様は準備に追われ、繁殖に挑戦したい飼育者の皆様はそわそわしてるころでしょうか?REPBUDDY店舗には私の繁殖用のレオパたちがいるんですが今年はどんなモルフを狙おうかしら。。。
メモ程度に独り言ってことで

私も個人的には好きですしイベントでの販売も多いので、REPBUDDYといえばくらいになっているかも(?)しれない組み合わせ
スノーハイポ♂×スノーハイポ♀①
スノーハイポ♂×スノーハイポ♀②
この組み合わせだと、スノーハイポとハイポが良く生まれます。たまにスーパーマックスノー、もう一度生まれて欲しいのがスーパーマックスノーのハイポ表現
ぶりくらでその当時なんも考えずにお渡ししてしまった子です
今思うと面白い表現なのでもう一度見てみたいですし、黒目の真っ白とか作ってみたいですし、アルビノにしたら真っ白の真っ赤目かなーなんて思ったり

他には
タンジェリン♂×ハイイエロー♀でタンジェリン
タンジェリン♂×ストライプ♀でタンジェリンストライプ
スノーラプター♂×スノーラプター♀でスーパーラプター、スノーラプター、ラプター

今年はこのあたりですかね
とりあえず今月は餌をたくさん与えて、来月になったら交配させてみようかしら
うまく発情してくれるといいんですけれど

レオパは繁殖もそんなに難しくないので楽しみです♪
いまはモルフの計算ができるサイトもあるのでとても便利ですね。。。
ありがたや←
皆様も今年、いい個体が生まれますことを祈っております。

REPBUDDYでした♪

過去の繁殖記事はこちら

レオパの繁殖2018【今年もなんとか(汗】



ども、REPBUDDYのツルカワです。
いやはや今年はもうレオパは失敗したかと思いましたが、なんとかハッチしました(安心


5月24日に発見した卵のうち2つがハッチしました!!


6月22日、生まれたのはハイイエロー(ハイポ)とマックスノーでした。
まだ卵が控えているので楽しみです♪


同日、産卵していた卵


さらに追加で、タンジェリン雄とハイポ雌の組み合わせも産卵しました♪
こちらも孵化が楽しみです。

他の雌も掘ってはいるんですけどねー。。。産んでくれるといいんですが。
また孵化したらご報告します。

あなたの相棒、REPBUDDYでした♪

フトアゴやレオパ、リクガメのお世話、シッターのご相談はこちら↓↓
爬虫類世話代行


REPBUDDYの独り言【今年も産んだ!!】



ども、REPBUDDYのツルカワです。
生き物を飼育する楽しみや感動をみんなにも知って欲しい、あわよくば自分が勧めた、販売した生き物でそれを楽しんでもらいたい、と10年前の自分の夢をふと思い出した今日この頃、店舗のお話は着々と進んでおります。協力してくれる方々にはほんとに感謝しかありません。大家さん(素敵なマダム)が「人気が出たら2階のテナント全部、爬虫類になっちゃうかもね、うふふ」なんて喜んでもらえたりして。印象良く思ってもらえて一安心です。

さて先日、産んでない産んでないと泣き言を申しておりましたが。。。レオパ母。。。すみませんでした!!(土下座)

産んでました、しかも見落としてて4つ、つまり2回分。。。最短でも3週間くらいだから、仮に昨日に2つ産んだとしてもGWくらいには2つ産んでたわけで。。。いやーお恥ずかしい限りです。底から見えるとばっかり思っていたら、見えないように産んでくれていたようです。2つは産みたてか無精卵で少し柔らか目、もう2つはしっかりとした有精卵でした。この組み合わせはマックスノーハイポ×マックスノーハイポ、去年のぶりくらでも人気だった組み合わせで、この組み合わせから出てくるスーパーマックスノーハイポが特に人気だったので、今年も出てくれることを期待ですね♪

去年、一番綺麗だったスーパーマックスノーハイポ、黒目の白い子作れそう??

カメレオンは相変わらず産む産む詐欺を繰り返していますが、今回のレオパのこともありますので、一度掘り返してみようかしら。。。ノシベはまだいいんですが、サンバーバの雌が調子を崩し気味。。。恐らく虫だと思うので投薬してみました。すっきりして持ち直すといいんですけれど。

殖やすにしても雌が少ないので店舗が落ち着いて場所が確保出来たら親数を増やそうと思いました。。。
とりあえず、次は契約が済んで入居したら動物取扱業の住所変更か新しく取得か。。。道のりはまだ始まったばかり。。。

あなたの相棒、REPBUDDYでした♪

困ったときにはぜひ!!
爬虫類お世話代行


【爬虫類のお留守番】旅行や出張、外泊時の対策まとめ



REPBUDDY(レップバディ)のツルカワです♪

ペットがいると外出や旅行、出張や急な入院などの外泊時に悩む機会が出てくるのではないでしょうか??
家族や近くの知り合いが面倒を見てくれる場合はまだ安心できますが、そうでないと不安ですよね。。。
そこで、今回はそんな時に使える小ネタをいくつかご紹介します。
(あくまでも一例ですので実施される場合は自己責任でお願いします。。。)

【各爬虫類共通】
温度・・・サーモスタットで管理するのがオススメ!もしもの事態に備えてエアコンは付けっぱなしで良いでしょう。
水・・・多めに用意します。こぼされたり汚されにくいようにできればベスト
照明・・・消しておくかタイマーで昼夜を管理するとよいでしょう。

【リクガメ】外泊可能:1~3日程度
1日程度であれば電気を消しておけば活発に動かないのでそのままにしておけるが、長い時間続くと状態を崩してしまうので、
2日以上家を空ける場合は、タイマーやサーモスタットで昼夜を管理できればベスト。
餌は人工飼料だとすぐに傷んでしまうので、野菜を与える。小松菜などの葉っぱは刻まずにまるごと入れ茎の部分を水に浸しておくと、
長持ちする。豆苗なども生えた状態で与えれば数日は与えられます。

【ミズガメ】外泊可能:1~5日程度
ミズガメの場合、ある程度育った個体で健康であれば、かなり長い間の絶食に耐えられますので、外出前に水を交換し、
外出中に水が枯れない(浄化装置やヒーターを使っている場合特に注意)ように多めに水を張り、餌は与えずにいると良いでしょう。
照明は消しておいたほうが無難ですが、保温のために必要であればサーモやタイマーを使うと良いでしょう。

【トカゲ、ヤモリ】外泊可能:1~5日程度
トカゲはカメと違い水切れに弱いので、水をしっかりと飲めるようにしてやると良い。
特に樹上生のトカゲは水入れから飲めない種類も多いため、タイマー式ミスト装置や水流ポンプで水を動かすなどの対策が必要になる。
絶食には強いのでしっかりと育った個体であれは数日の絶食は問題ない。
照明は消しておくか弱め、温度は下がらないようにサーモなどで管理すると良い。
草食性のトカゲはリクガメに準ずる。

【レオパ】外泊可能:一週間程度
この種類はとりわけ絶食には強いので温度と水にだけ注意すれば1週間でも問題なく耐えるだろう。
特に冬場は活性が下がるのでかなりの期間、触らずとも生きていられる。
もちろんそれがベストではないですし、万が一のこともあるので要注意です。

【ヘビ】外泊可能:3~7日程度
ヘビもかなり長い期間の絶食に耐えられる生き物ですが、種類によってはこまめな給仕が必要になるので、注意が必要です。
基本的には温度と水に注意すれば10日前後は普通にしています。

【注意すべき生体!!】1日以上の外出は避けたほうが良い
・生後半年未満
・購入したばかり
・拒食、やせ気味
・抱卵中、産卵後

ざっと簡単にはなりますが、外出や外泊の際の参考になればと思います。
もし長期間の不在、留守中が心配で世話が必要でしたら、
ペットシッターやペットホテルもいまは爬虫類も見てくれるところが増えているので、利用するのもよいでしょう。
大阪、近畿県内であれば私も爬虫類世話代行サービスも行っておりますのでどうぞお声がけください。
REPBUDDY爬虫類世話代行サービス

他に気になることや質問なども受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。
あなたの相棒REPBUDDYでした!

便利なグッズのご紹介

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アサヒ 電子サーモスタット 関東当日便
価格:4233円(税込、送料別) (2018/1/11時点)

 


REPBUDDYの今年と来年



ども、REPBUDDYのツルカワです。

こんな時期なんで、今年の振り返り&来年の目標なんて書いてみたり
(来年こそは更新頻度を上げたい。。。なんて思ったり。。。)

今年もいろんなことを経験できました。

1月はパンサーの産卵
いままで飼育管理はしてきたものの、初めての繁殖に緊張した毎日でした。


2月はエボシのお迎え
パンサーで調子に乗った私は3匹も購入、案の定、しばらくして痛い目を見るのでした。。。


3月は引き続きパンサーの産卵
どんどん産卵するので楽しみでした。


4月からはレオパの繁殖
今年はアルビノがうまくいかなかったので来年こそ期待したいです。


5月「爬虫類世話代行サービス」の開始!!
今年の依頼は預かりとお世話依頼が数件でした。来年は告知の幅を広げていこうと思います。


6月は夏の爬虫類市場
REPBUDDYとして初めてのイベント出店!!昆虫くじは大盛況でした!!


7月と8月はパンサーカメレオンの孵化!!
ここからベビー飼育の大変さと向き合うことに。。。


9月ぶりくら市出店!!
国内屈指のイベントへの参加で緊張しましたが、たくさんのお客様に恵まれお迎えして頂けました♪


10月飛ばして11月はジャクソン(その他もろもろ)をお迎え!!
ついに角系の飼育です。緊張した日々が続きました。


そして12月、冬の爬虫類市場
協力してくれる仲間のありがたさが身にしみたと同時に、来年の課題点を見つめ直す機会になりました。

こうしてみるとあっという間に過ぎたと思いきや充実してますねー
来年の課題としては
・世話代行をさらに周知する(サポート店との提携、広告媒体など)
・自家繁殖以外にも仕入れや委託など生体入手ルートの拡大
・オフ会や個別での販売会などの小さな集まりイベントの開催
まずはこのあたりから頑張って行こうかと思います。

今年もあとわずかとなりました。
皆様と皆様の小さな家族様たちが良いお年を迎えられますように!
来年も無事に過ごせますように!
(困ったことがあればお声かけいただけるように!←)

でわでわ、あなたの相棒REPBUDDYでした!
来年も宜しくお願いします♪


ぶりくら2017出店!!



ども、REPBUDDYのツルカワです

なんと。。。な、なんと!!??
日本屈指の爬虫類イベント
「ぶりくら2017」に出店することになりました!!!

というわけで
出品生体をご紹介♪


パンサーカメレオン ノシベ ベビー 限定1匹 ¥15,000-
たくさん生まれたベビーでしたが、うまくいかなかったり人に譲ったりしてたら、いつの間にか1匹に。。。
まだ卵も控えていますが孵化は間に合いませんでした(汗
なので限定1匹です


レオパ マックスノーハイポ(マックスノーハイポ×マックスノーハイポ) ¥8,000-
あまりメジャーではありませんが(むしろ邪道?)マックスノーとハイポタンジェリンの交配モルフです。
頭と尻尾のゴマ模様と胴体の黄色が綺麗で私は好きなモルフです。


レオパ スーパーマックスノーハイポ(マックスノーハイポ×マックスノーハイポ)¥12,000-
先ほどのマックスノーハイポのスーパーマックスノーになったモルフ
黄色みが少なくなり白っぽくなります。


レオパ ハイポタンジェリン(マックスノーハイポ×ストライプ)¥8,000-
マックスノーハイポの親のハイポタンジェリンの因子が出たのか淡いハイポタンジェリンが生まれました。


レオパ マックスノーストライプ(マックスノーハイポ×ストライプ)¥10,000-
人気のマックスノーのストライプ表現!ハイポがかかっているので淡い感じの色合いです。


レオパ ストライプ(マックスノーハイポ×ストライプ)¥12,000-
ハロウィンマスク風な模様と綺麗に抜けた模様が素敵な個体です♪


レオパ ハロウィンマスク(マックスノーハイポ×ストライプ)¥6,000-
ストライプはでなかったですがハロウィンマスク表現の個体です


レオパ マックスノー(マックスノーハイポ×マックスノーハイポ)¥5,000-
ハイポがあまりでなかった個体です。

以上、パンサーとレオパの販売と
フクロモモンガ(値段検討中)
タイゴーストザリガニを同時出品します!!

初めてのぶりくら出店で至らない点もあるかと思いますが、皆様どうぞよろしくお願いします!!
それでは会場でお会いしましょう♪

REPBUDDYでした♪


レオパの繁殖2017 ベビー誕生しましたー!



ども、REPBUDDYのツルカワです。
お世話代行の準備、宣伝やイベントの出店でばたばたとしておりますが、
今年も可愛いレオパのベビーがハッチしましたよー!

4月15日産卵の6月9日ハッチ 管理温度28~30℃
約2ヶ月でハッチでした。

IMG_20170612_185240

前回お伝えしました、♂マックスノーと♀ボールドストライプ(ハロウィンマスク)のベビーです。
表現は普通のマックスノー。。。と思いきや??
エクリプスアイ??
背中の模様も気になるところで、様子見ていきたいと思います。
いまは餌も食べ始めデュビアの幼齢を与えています。

こちらも同じ♀から5月4日産卵、6月23日、24日にハッチしたベビー!
ストライプがしっかりとでています。
IMG_-wcmap0

IMG_u8551z

そして、こちらはハイポマックスノー同士のペアから生まれたマックスノー達♪
片方はハイポになるかなーって感じですね♪
こちらは
5月6日産卵で6月25日ハッチでした。
IMG_-4jelh9

IMG_qvu8ll

また生まれたら報告しまーす♪
To the next…


レオパの繁殖2017年!!



ども、REPBUDDYのツルカワです

今年もレオパの産卵が始まりましたー!!
3月の中頃に掛け合わせたレオパのうち、マックスノー♂とボールドストライプ♀の組み合わせがやっと産卵しました。

IMG_20170411_181842
4月11日には卵が透けて見えていました

それから4日後。。。

IMG_20170415_172136
15日に産卵していました!!
大きな卵を2つ産んでくれていました。

マックスノーストライプが生まれてくれることを祈って大事にします。

また生まれたら報告します♪


レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の餌について【あなたは何をあげますか??】



ども、REPBUDDYのツルカワです。
いよいよレオパゲルが販売されて、話題になっていますね♪

いろんな餌の選択肢が増える中、ふと皆さんが何を与えているのか気になって、アンケートを取ってみました。
結果はこちら
ファイル 2017-02-04 16 24 36
総数236票、断トツでコオロギやデュビア派の方が多かったですね。
海外ではミルワームを与えるブリーダーも多いと聞きますが、国内ではメインで与えている方は少ないようです。
消化があまりよくなかったり、栄養価に偏りがあるといわれるからでしょうか??(ちなみに我が家ではメインで与えている子もいます)
また、ピンクマウスを与える方もいますが、そろって口にするのは栄養価が高すぎる、消化にあまり良くないとのことで、
産卵や拒食の時などだけ与えるという方が多かったです。
シルクワームやハニーワームなども同じで、栄養を付けさせたい時やおやつのように手に入った時だけ与えるといった方が多かったです。
本来、昆虫を食べているレオパには昆虫を与えたい、人工飼料への不安や不信感を持つ方が多い印象でした。

コオロギ派の方々のお声
「イエコかフタホシあげてます!理由としては生きてる虫以外は食べなかったり食いつきが悪いのと、コオロギだと安定して置いておけるからです。」

「フタホシをメインに。食べる子にはグラブパイをあげる時も。ピンクマウスは拒食期にこれなら食べてくれる時があるので。たまにおやつ感覚でワーム系をあげてます。理由はやはり生き餌を食べるのが生体として自然なので。」

「イエコとレッドローチ、オヤツとしてミルワーム与えてます(^^)レッドローチは繁殖が簡単で、イエコは一番食いつきがいいからですね! 人工飼料も考えましたが、やはり生き餌のほうが栄養価てきにも良いので、我が家はずっと生き餌与えてます。」

「レオパをお迎えしたショップさんが、イエコを上げていたので、そのままイエコにしています。いつも定期的に買いに行っています。人工飼料は、残念ながらうちのレオパさんは、食べてくれません。」

「レッドローチとフタホシです。人工飼料は使いません。余計な物が入っているから、です。虫だけを粉末にした訳では無いので… 逆に原料虫だけの人工飼料があれば使うかもです。」

「うちの子達も、活き餌です。冷凍とかなら確かに楽かもですけど、ごはんくらい自然に近いものにしてあげたいですし… でも、災害時とかを考えると人工餌も… ですよね。」

やはり、活き餌は食い付きが良いとの声が多いですね。
またコオロギよりデュビア!と言う方も多かったです。

「デュビアがメインで、レッドローチとイエコとグラブパイを併用しています。産卵後や体調を崩した後などはシルクワームとピンクマウスを、その時々で使い分けています。まんべんなくあげられるといいんですがストックを考えるとデュビアが常用には便利です。」

「基本は自家繁殖デュビア。うちに来てすぐ拒食したのでその時は試しにピンマあげました。その後、ハニワに食いつくようになり、今はデュビアをバリバリ食べています。たまにミルワーム(缶詰め)、ハニワ、シルクワームあげる事もあります。」

「成体にはデュビア、幼体にはレッドローチメインです。おやつに活コオロギ、活ミルワーム、活ハニーワーム、冷凍イナゴ、冷凍蚕蛹あげてます。デュビア、レッドローチメインなのは自家繁殖でお金がかからないからです。」

「コオロギは最初の頃あげてましたが管理が難しい+臭うことを踏まえてデュビアに切り替えました(T▽T)管理のしやすさも然ることながら臭いもそこまできつくなく、繁殖も勝手にして、みんな平等にゆっくり育ってくれるのですっかりデュビア派です。」

「わたしが連れてきた子はコオロギあげてる時もありましたけど色んな意味での管理のし易さ+彼氏がデュビア派なんで今は専らデュビアです!たまにNPFの缶詰ミルワーム・ピンクマウスあげる時もあります。」

「デュビアを主にあげてますね… 新入りの子はたまにグラブパイあげてるくらいです。グラブパイも食い付きはいいですが、やはり活き餌の方が活き餌自体にも栄養あげて栄養価高めれる気がするので。」

デュビアの魅力はなんといっても管理のしやすさでしょうか??
自家繁殖も簡単で餌代の節約にも繋がりますね。臭いや鳴き声がないデュビアはこれからの活き餌のスタンダードになる日も来るかも知れませんね。

活き餌の方のリプが多かったので遠慮?されたのか人工飼料派の声はあまり聞かなかったですが、
アンケートには票が入っていました。レオパゲルの登場で今後、人工飼料派も増えるんじゃないでしょうか??
中には「活き餌を与えられない人は飼うべきではない」「(活き餌を与えなくても飼えるという)容易な気持ちで飼って欲しくない」との声も多かったです。
私自身、ペットショップの店員(爬虫類コーナー主任)を勤めていた際に、生きている虫が苦手というお客様も多かったです。
克服して飼育を楽しまれる方も多かったですが、諦めたり、諦めきれずショップに通ってレオパを見るのを楽しみにしていた方もいました。
そんな時に、人工飼料があればもっとレオパ飼育を楽しめる方が増えるのではないか??と思っていました。
人工飼料への不信感、不安感を払拭するにはどうすれば良いのか?と思いグラブパイだけでベビーから育てました。

グラブパイ使用レビュー

将来的にはいろんな餌を選べる時代が来るでしょうか??
今後も見守って行きたいと思います。

追記
私もレオパゲルを入手しましたので、またこちらもしばらく与えて記事まとめます♪

あなたの相棒、REPBUDDYでした。