タグ別アーカイブ: 爬虫類世話代行

REPBUDDYの独り言【店舗の進展状況】


ども、REPBUDDYのツルカワです。
猛暑、酷暑と日々、暑過ぎる日々が続きますが皆様と皆様の小さな家族達は大丈夫でしょうか?
私は店舗の準備に日々頑張っております。


現在、店舗は商品棚を作成しております。
材料がすべてそろったので8月には組み立て、店内レイアウトが完成したら、ケージを用意して、動物取扱業の申請を行って。。。生体の搬入まではまだかかりそうです(汗
なので、店内レイアウトが完成したら、活餌など餌関係から販売して行こうと思います!恐らく10月くらいになりますが。。。
活餌と呼ばれるものほぼすべて取り扱うくらいのラインナップを揃えたいなと思案中ですので、今しばらくお待ちください。

そして、井上さん @name₋reptile よりREPBUDDYを格好よくデザインしてもらいました!!!

感謝です!!今後、店舗ロゴや看板に使用してきます♪

爬虫類生体といいますと、問屋での仕入れはもちろんブリーダー様との協力体制も現在日々打ち合わせを行っております。
前記事のキタアオジタもその一つですが、他にもハラガケやニオイガメ、トカゲモドキ類、フトアゴ、フクロモモンガなどなど
あとは自家繁殖のカメレオン、レオパ、ボール
昆虫はカブト・クワガタ・カナブンもちょっと珍しいのをメインにそろえていきますよー!
ペットホテルも準備するのでお困りの際にはぜひご利用下さい。

皆様に楽しいと思ってもらえる、行きたいと思ってもらえるお店を目指して頑張ります♪
オープンまでしばらく見守って頂けると幸いです。
それではREPBUDDYでした★

お世話代行はお気軽にお声掛け下さい。
詳細はこちらからどうぞ


REPBUDDYの独り言【ジュラシックワールドに学ぶ動物との絆】


ども、REPBUDDYのツルカワです。
皆様はジュラシックパークやワールドをもうご覧になられたでしょうか?
私は炎の王国を字幕と吹き替えと両方観てきました←
もはや説明も不要な全世界的名作映画、ジュラシックシリーズ。。。
あの映画を見て、我が家にも恐竜がいると楽しまれてる爬虫類飼育者(特にモニターやイグアナ)も多いでしょう、私もその中の一人です。
その中でも、ここ最近人気なのが、オーウェンとラプトルのブルー
ジュラシックワールドに登場したブルーは生まれた時からオーウェンが育てることで、見事、人間との絆を持つラプトルとなったわけです。
動物の調教には私はあまり詳しくありませんが、わかる範囲でどのようにしてラプトルとの絆を作ったのか、そして、それを爬虫類にも生かせるのか?
爬虫類好きなら誰もが気になるところを、今日は独り言です。。。
※画像はGoogle検索より引用


【クリッカー】
ブルーやエコー、チャーリー、デルタに教えていたであろう訓練の一つにクリッカーがあります。
ジュラシックワールドのオーウェンがブルー達にご飯を与えるシーンで左手でカチカチしているあれです。あのカチカチは犬やイルカなどのトレーニングにも使われるもので、動物にこちらが良しとする行動を覚えさせる効果があります。例えば、ラプトルが止まった時にクリッカーを鳴らしおやつを与える、もしくはクリッカーを鳴らし止まったらおやつを与える、これを繰り返すと、止まったら何か音がしておやつがもらえると学習します。今度はそれに「待て!!」を加えます。待つことができたらクリッカーとおやつ、できたらクリッカーとおやつと条件付けしていきます。そうすることで、待てと声がしたら止まる、そしたらおやつがもらえると覚えてくれます。
さて気になるこれを爬虫類に応用できるかですが、種類によっては可能かもしれません。耳が無いカメレオンやヘビは不可能かもしれませんが、モニターやイグアナなどの大型で耳があるタイプの爬虫類であればひょっとすれば。。。例えば、トイレをこちらがしてほしい場所で行った時だけクリッカーを鳴らし餌を与える、それを繰り返すと、ここでトイレをすれば餌がもらえると覚えます。こちらを確認して見せるようにトイレをしだしたら成功です。他にもこちらに向かってくるときに慣らしておやつを与えるなど、応用はできるでしょう。実際にイグアナはトイレを覚えることで有名ですし、もしかすると。。。もしかして。。。コツはこちらが良しとする行動した瞬間にカチカチすること、餌はその行動をしてまでも欲しくなるものにすること、クリッカーを鳴らす、もしくは声をかけるとその行動をするようになるのがベストです。


【社会性、刷り込み】
インドミナスレックスについてオーウェンが指摘した際に、あなたのラプトルは?とクレアに聞かれて答えたシーン
「兄弟で社会性を学び、生まれたときには刷り込みもした」的なあのセリフ、これは犬猫が育つときの社会性の学びと、鳥類が親を認識する刷り込みのことだと思います。犬猫は親や兄弟との遊びの中で噛みすぎると怒られ、これ以上噛むと遊びではないと学習(社会性を学ぶ)するのですが、その前に分けてしまうと、そういった経験がないために噛む子に育ちやすいそうです。また鳥類は卵から生まれて最初に見たものを親だと認識してしまいます、これが刷り込みです。手乗りのインコや文鳥が人を恐れないのは刷り込みや給餌によって人間を親だと思わせているからです。
爬虫類に関してですが、残念ながら社会性は無いように思います。。。生まれた時から単独で生活し、親兄弟とも食うか食われるかの関係であるために、社会性を築けなかったのかもしれません。刷り込みに関しても同様で、ワニ以外の爬虫類では親という概念がないために、人間を親と認識することもないでしょう。しかしながら生まれた時から人間に接していると、人間は無害(安心)だと覚えるので、CB個体は人慣れしやすいと言えるでしょう。そう思うと恐竜の子孫は鳥類なので刷り込みは効果的なのかもしれませんね。


【係留】
ラプトル達にカメラなどの装備を付ける際、壁に顔だけ出して固定されているシーンがあります。あれも恐らく訓練であのように顔を突っ込むように覚えさせたのだろうと勝手に妄想していますw
タッチマーカーを使った訓練があります。イルカで行う訓練の一つですが、棒などの先についたマーカー(板やボールなど)に鼻先を当てる行動をしたらクリッカーを鳴らしおやつ、鼻先を当てたらクリッカーを鳴らしおやつと覚えさせ、マーカーを覚えさせます、そうしてあの壁の穴に誘導し、鼻先を入れたらおやつ、待つことができたらおやつ、装備付けることができたらおやつ、として欲しいことをしてくれたらおやつと覚えさせます。そうすることで自ら穴に入るようになったのかもしれません。
これは実はニューヨークの動物園でコモドオオトカゲの餌付けで行われているのを見たことがあります(アニマルプラネットでやってました)
棒の先のフリスビーをタッチするように訓練していました。他のモニターやイグアナにも応用できるかもしれませんね。

【色】
ラプトルではありませんが、ティラノザウルスのシーンで、発煙灯を使って餌のヤギが来たことを知らせ観客の前で食べさせるシーンがあります、終盤のシーンではそれをうまく使って誘導することに成功します。この時、ティラノサウルスは訓練ではありませんが、発煙灯=餌と認識、覚えていたことになります。
爬虫類でもこの覚えは良く見られます、一番多いのはピンセットではないでしょうか。ピンセットや餌の入れ物を用意するとそわそわしだす個体は割と多いように思います。これはピンセット=餌と覚えているためで、劇中のティラノと同じようなことだと言えます。

さて、妄想をだらだらと垂れ流しましたがいかがでしたでしょうか?
私個人的には爬虫類、特にイグアナやモニターは頭が良いと思っています。先ほどのトイレの話もそうですが、飼い主とそうでない人を認識したり、扉の開け方を覚えたり、部屋の間取りを把握したりと、知能と呼ぶに近しい記憶力を発揮させるように思います。
訓練を施せば、映画のラプトル達のように、爬虫類達ともっと信頼関係を築くことができるのかもしれませんね。
そんなことを思ってみたり。。。オーウェンのようにラプトル、ブルーとバイクで走ってみたいなんて思ってみたり。。。
もしうちの子こんなことできるよ!!という方はぜひ連絡下さい!ブログにて紹介したり、関西であれば取材しに伺います←

ではでは、REPBUDDYでした。

大切なあなたの家族のために、旅行や出張、不在時のお世話に!!
爬虫類お世話代行サービス


REPBUDDYご依頼記録【3月末~4月】


ども、REPBUDDYのツルカワです。

春は引っ越しや新生活の季節、ご依頼も多数頂戴しました。今回ご報告するご依頼の全てが引っ越しに関係することでした。生活が変わるといままで通りにいかないこともあります。逆に飼育数を増やすための引っ越しもあるとかないとか。。。そんなご依頼をご紹介♪

3月のご依頼
ご依頼その1:預かり

種類:プレートトカゲ4匹、フトアゴ2匹、デグー2匹、カラーマウス2匹、ファンシーラット5匹、パンケーキリクガメ1匹
内容:引っ越しの間、落ち着くまでの間の預かり。
期間:3月28日~継続中

4月のご依頼
ご依頼その1:引き取り

種類:レオパ6匹(ブレブリ、タンジェリン、ハイイエローなど)
内容:引っ越しのため飼育困難な数匹を引き取り
日にち:4月8日

ご依頼その2:引き取り→引渡し

種類:ハリネズミ
内容:飼育困難になったため引き取り、次の飼い主様に声をかけていたので、その日のうちに引渡し。
日にち:4月25日

5月の活動予定

その1:爬虫類市場出店(クリックorタップで詳細ページへ)

 

爬虫類のペットシッターとして始めたお世話代行は、問い合わせやその時が来たらお願いしたいと言った声を多数頂戴しております。旅行や出張、入院やお世話が困難になった時はお声掛けください!!詳しくはこちらから

またそれ以外にも、お引き取りやちょっとした相談なんかも受け付けております。あなたの困ったを解決できる相棒でありたいと思います。

お困りの飼い主様&爬虫類のために!!REPBUDDYでした♪

 


爬虫類世話代行【REPBUDDYを選ぶ3つの理由】


ども、REPBUDDYのツルカワです。

今回はなぜ私が爬虫類の世話代行を始めようと思ったのか、そしてあなたがREPBUDDYを選ぶ3つの理由ということで…

爬虫類の世話代行、つまりペットシッターは店員時代から「こんなサービスをする人間が1人くらいいても良いだろうに」と暖めていた企画でもありました。当時、ショップでの預かりや留守中の世話についての問合せなんかもあったりして、少なからず需要があるのではないかと思っていたわけです。

時は流れて。。。あることから数日、家に帰れなくなり、ふと思いました。こんな時に代わりに世話をしてくれる人がいれば心強いに違いない!てか自分がその世話をする人になろう!と決心しました。出張や急な仕事、旅行や入院など人生において家を留守にするって結構あるかと思います。いろいろ調べて準備すること1年、REPBUDDYの爬虫類世話代行サービスを始めたわけであります。いまでは様々な方の協力のもと、少しずつ普及宣伝活動を進めております。

さて、そんなREPBUDDYの世話代行サービスの強みはこちら!!

あなたがREPBUDDYを選ぶ3つの理由!!

1つ目:爬虫類専門であること

ペットシッターは数多くありますが、そのほとんどは犬猫がメインであっても爬虫類はオマケ程度にあるくらいです。REPBUDDYは爬虫類の相棒と名付けた通り、爬虫類(両生類も可)専門として始めました。そのためカメレオンなどの癖のある個体や、コオロギの足羽の処理、マウスの解凍やアシスト、温浴など様々なニーズにできる限りお応え致します!

2つ目:細かい相談ができること

困ったことやわからないことがあればご訪問時に飼育環境を見ながらご相談に応じます。実際に個体や環境を見ながら細かいアドバイスが出来ればと思います。

3つ目:様々な連絡方法

基本的にはメールでのやりとりになりますが、ご要望に応じてLINEやTwitter、FacebookのmessengerなどSNSでのやりとりにも応じます。依頼中(留守中)の様子などをお送りします。

それでもまだ迷われてる方、メールやTwitterからご質問頂くか、爬虫類カフェなどで顔を合わせて爬虫類トークをしながらご相談なんてのはいかがでしょうか?お気軽にご相談下さい♪

あなたとあなたの爬虫類たちの良き相棒になりたいと願っております。お困りの際にはぜひ、お声かけ下さい、お待ちしております。

詳しい内容はこちら↓↓

REPBUDDY爬虫類お世話代行


【爬虫類のお留守番】旅行や出張、外泊時の対策まとめ


REPBUDDY(レップバディ)のツルカワです♪

ペットがいると外出や旅行、出張や急な入院などの外泊時に悩む機会が出てくるのではないでしょうか??
家族や近くの知り合いが面倒を見てくれる場合はまだ安心できますが、そうでないと不安ですよね。。。
そこで、今回はそんな時に使える小ネタをいくつかご紹介します。
(あくまでも一例ですので実施される場合は自己責任でお願いします。。。)

【各爬虫類共通】
温度・・・サーモスタットで管理するのがオススメ!もしもの事態に備えてエアコンは付けっぱなしで良いでしょう。
水・・・多めに用意します。こぼされたり汚されにくいようにできればベスト
照明・・・消しておくかタイマーで昼夜を管理するとよいでしょう。

【リクガメ】外泊可能:1~3日程度
1日程度であれば電気を消しておけば活発に動かないのでそのままにしておけるが、長い時間続くと状態を崩してしまうので、
2日以上家を空ける場合は、タイマーやサーモスタットで昼夜を管理できればベスト。
餌は人工飼料だとすぐに傷んでしまうので、野菜を与える。小松菜などの葉っぱは刻まずにまるごと入れ茎の部分を水に浸しておくと、
長持ちする。豆苗なども生えた状態で与えれば数日は与えられます。

【ミズガメ】外泊可能:1~5日程度
ミズガメの場合、ある程度育った個体で健康であれば、かなり長い間の絶食に耐えられますので、外出前に水を交換し、
外出中に水が枯れない(浄化装置やヒーターを使っている場合特に注意)ように多めに水を張り、餌は与えずにいると良いでしょう。
照明は消しておいたほうが無難ですが、保温のために必要であればサーモやタイマーを使うと良いでしょう。

【トカゲ、ヤモリ】外泊可能:1~5日程度
トカゲはカメと違い水切れに弱いので、水をしっかりと飲めるようにしてやると良い。
特に樹上生のトカゲは水入れから飲めない種類も多いため、タイマー式ミスト装置や水流ポンプで水を動かすなどの対策が必要になる。
絶食には強いのでしっかりと育った個体であれは数日の絶食は問題ない。
照明は消しておくか弱め、温度は下がらないようにサーモなどで管理すると良い。
草食性のトカゲはリクガメに準ずる。

【レオパ】外泊可能:一週間程度
この種類はとりわけ絶食には強いので温度と水にだけ注意すれば1週間でも問題なく耐えるだろう。
特に冬場は活性が下がるのでかなりの期間、触らずとも生きていられる。
もちろんそれがベストではないですし、万が一のこともあるので要注意です。

【ヘビ】外泊可能:3~7日程度
ヘビもかなり長い期間の絶食に耐えられる生き物ですが、種類によってはこまめな給仕が必要になるので、注意が必要です。
基本的には温度と水に注意すれば10日前後は普通にしています。

【注意すべき生体!!】1日以上の外出は避けたほうが良い
・生後半年未満
・購入したばかり
・拒食、やせ気味
・抱卵中、産卵後

ざっと簡単にはなりますが、外出や外泊の際の参考になればと思います。
もし長期間の不在、留守中が心配で世話が必要でしたら、
ペットシッターやペットホテルもいまは爬虫類も見てくれるところが増えているので、利用するのもよいでしょう。
大阪、近畿県内であれば私も爬虫類世話代行サービスも行っておりますのでどうぞお声がけください。
REPBUDDY爬虫類世話代行サービス

他に気になることや質問なども受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。
あなたの相棒REPBUDDYでした!

便利なグッズのご紹介

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アサヒ 電子サーモスタット 関東当日便
価格:4233円(税込、送料別) (2018/1/11時点)