カテゴリー別アーカイブ: イベントで生体を購入したら・・・

野生個体(WC)と繁殖個体(CB)について


ども、REPBUDDYのツルカワです!!

先日のぶりくら市は持っていった生体のほとんどが新しい家族に迎えて頂けたりと大盛り上がりでした!!
ぶりくら市自体も過去最多出店数、過去最多来場者数だったそうで
REPBUDDYブースに立ち寄っていただいた皆様方、お迎え頂いた皆様、
いつもREPBUDDYを応援してくださる皆様、そして何よりぶりくら事務局の皆様
この場でお礼申し上げます。(ばたばたしてて会場の写真をぜんぜん撮っていないのは内緒←

なので、今回は野生個体(WC)と繁殖個体(CB)の違いについて私なりの解釈でも書こうかと
※あくまで私なりの解釈ということでご了承ください。


まず野生個体のメリット
・色彩が綺麗
・体格が立派
・野生個体しか流通しない(新種、繁殖が困難)
ぱっと浮かぶのはこの3つでしょうか、まず色彩は特にカメレオンやトカゲ類など、飼育下ではなかなか出せないような発色をしている個体も多く、マニア心をくすぐる要因の1つでしょう。体格も同じくでウォータードラゴンやバシリスクなどクレストが伸びるタイプのトカゲは立派な個体が多いです。そしてモニターや1部のヘビでは繁殖が困難なために野生個体の流通がほとんどといった種類もあります。
デメリットとしては
・傷や爪などの欠損
・病気、寄生虫のリスク
・個体数の減少、規制、現地の状況などにより流通しなくなる
・飼育、繁殖が困難
もちろん野生個体なので襲われたりした際の傷や輸送中に仲間ともみくちゃになった際に爪が欠けたりすることがあります(カメの仲間ではワニの歯形がついていたりなんてことも・・・)。傷や爪くらいなら治ることもありますが、指ごと欠損していたり尻尾が切れていると、見た目にも大きく影響するので購入を避ける人も多いでしょう。目に見えるものばかりではありません、輸送中のダメージで病気を発症したり、寄生虫にやられてしまう個体も少なくありません。本来野生個体は多かれ少なかれ寄生虫と共存しており、普段はそのバランスを保っていますが、そのバランスが崩れると寄生虫が大量に繁殖し宿主の負担となってしまいます。そして、毎年騒がれています流通個体の規制や絶滅危惧種への指定など、いままで流通していたのが出来なくなるパターンです。繁殖が難しい種類だと手に入れることが突然難しくなってしまうことも・・・さらに野生個体はなかなか餌付かなかったり現地の環境を再現しないと繁殖しないなど飼育のハードルがやや高めの種類も多いです。


次に繁殖個体のメリット
・飼育しやすい
・病気、寄生虫のリスクが低い
・安定した流通
・品種など血筋がはっきりしている場合が多い
何より繁殖の個体の魅力の1つはその飼育のしやすさでしょう。例えばカメレオンでも繁殖個体であれば家に持ち帰ったその日から、普通に水を飲んだり餌を食べたり(ほんとは餌は数日後が良い)します。それくらい繁殖個体は飼育されている状態に慣れています。またブリーダー様の多くは病気や寄生虫の発生がないように普段からきちんと管理されているので、病気や寄生虫をもっている子も少ないでしょう。ただし飼育しているうちになにかしらのルートで寄生虫が入り込んでしまうことも多いので油断は禁物です。レオパやコーンスネーク、ボールパイソンなど繁殖個体は様々な店やイベントで購入できます。安定した流通も魅力の1つでしょう。そしてブリーダー様が手塩にかけた個体は親やそのまた親の情報まで残っている個体も多く、ベビーでも将来の色彩がある程度わかる、繁殖する際の確かな情報を得られるなどのメリットがあります。
繁殖個体のデメリット
・病気、寄生虫に弱い
・高額な場合も多い
・色彩、体格が野生個体にやや劣る
繁殖個体の中には生まれながら弱い個体や、病気や寄生虫に弱い個体もいます。野生個体との接触は出来るだけ避けたほうが良いでしょう。少し前に話題になったレオパのレモンフロストやもっと前であればボールパイソンのブルーアイリューシのように、繁殖個体ならではの色を持つ品種もありますが高額な場合も多く憧れの生体になることも・・・逆にまだ品種改良が進んでいない種類のトカゲ類では、野生個体のほうが色も形も立派だというものが多く、多くのブリーダー様の課題の1つと言えるでしょう。

さて多くの皆様が思うところは
「結局どっちがいいの?」というところでしょうか
私の思うところでは、初めて飼うなら繁殖個体を、爬虫類沼に落ちたら野生個体を、が結論になりそうです。
初めて飼育する個体で人慣れしなくて餌も食べないだと心配で不安で飼い主が病気になりそうですし、なにより野生個体は最低限のお世話だけであとは放置が良いのですが、初めてのうちはなにかと構いがちで・・・良くない結果になることが多いように思います。
もちろん野生個体でもショップの方が丹精込めてお世話して人に慣らし環境に慣らし寄生虫も除去し完璧な状態にしてくれているような場合もあります。そんな素晴らしい個体に出会えたなら初めてでも飼育できると思います。上級者の中には、ぼろぼろの野生個体を自分の手で完璧に仕上げていくというマニアック(褒め言葉)な楽しみをされる方も多いとか??

繁殖個体オンリーのぶりくら市以外にも様々なイベントが開催される今日このごろ、皆様の個体選びの参考になれば幸いです。

でわでわ、あなたの相棒REPBUDDYでした。


イベントで生体を購入したら気をつけたい3つのこと


ども、REPBUDDY ツルカワです♪

皆様、イベントはお楽しみいただけましたでしょうか?欲しい生体をゲットした方、買うつもりがなかったけどやらかした方、気がついたらお迎えしていた方などなど・・・

そんな皆様の爬虫類ライフを安心に過ごしてもらえるようにアドバイスをいくつかご用意しました。

まず、リクガメを買った方(特にベビーサイズ)

  • まずは温浴(35℃程度のぬるま湯を顔の高さまで浸からせる)させてください。中には数日、水も餌も与えられずにいる子もいるので、まずは水を飲ませてお腹を動かしてやるのがいいです。このときダニや外傷がないかチェックしておきましょう。
  • 簡単なものでいいのでシェルターを用意してあげるといいです。ずっと移動して多数の人にさらされたその子はまず何より静けさと安心を求めています。
  • 小松菜を食べない子にはサラダ菜、レタスなんかがいいです。栄養価は低いですが嗜好性が高く、まずは食べることを思い出させてあげてください。

ヘビやトカゲを買った人

  • まずはダニがついていないか要チェックです。特にワイルド、ファームハッチはいうまでもなく、CBでも会場内で寄生されることも少なくないので、鱗の隙間、目のくぼみ、オニプレートなどはわき腹の隙間、トカゲ類なら足の付け根なんかもチェックです。
  • 水をたっぷり飲ませてください。意外にもフトアゴは水不足ですぐにへたります。スポイドなんかで口の隙間から流し込んでやるのがオススメ。もちろんその他のトカゲも(トゲオアガマ別)。ヘビはそれなりの水入れを用意すれば自分で浸かると思います。
  • 痩せていないなら餌は1、2日様子を見て、落ち着いてから与えましょう。特にワイルド個体やカメレオンなど神経質な個体は見ている前で餌を食べなかったりしますので、根気強く待ちましょう。こっそり餌を与えるのが良いでしょう。

ざっとになりますがこんなものでしょうか

「え?もうケージにいれちゃった!!」という方でもいまからでももう1度、要チェックです。

願わくば、皆様がいい個体をお迎えして、長く一緒にいられますように。

あなたの相棒、REPBUDDY♪  ツルカワでした

爬虫類のお世話代行(ペットシッター)やってます!

詳しくはこちらから