カテゴリー別アーカイブ: 特集!!ヒョウモントカゲモドキの繁殖

レオパの繁殖2019【令和はハイイエローの年】


REPBUDDYのつるかわです

前回記事からすこーし経ってしまいました(汗
あれからレオパは順調にハッチしておりますので、その子たちをご紹介♪
※販売しながらなのですでにお渡し済みの子もおります。
※撮りそびれてしまっていて全部ではないです。
6月19日ハッチ ハイイエロー
6月28日ハッチ イレギュラー?
7月20日ハッチ イレギュラー?
7月29日ハッチ ハイイエロー×2

こうして兄弟達を見ていきますと、父親にも母親にも似ることがわかります。
♂の素質だけでなく♀も重要だと感じますしその逆ももちろんですね
そして柄は成長すると変化します。
前回の記事の子たち、上がハッチした時の写真、下がハッチから一か月後の写真です。
なんとなーく面影はまだ残っていますね。最終的にはバンド模様が消えて点々だけになります。レオパは自然界では縄張り争いをするのでこの幼体時のバンド模様は成体へ幼体であることのアピールではないか?なんて記事も見たことがあります。
ともあれ、この変化を見られるのも飼育者の特権ですね♪
皆様も機会あれば繁殖、挑戦しませんか??
ご質問などあれば店舗やメールにてぜひ m(_ _)m
あなたの相棒、REPBUDDYでした♪


REPBUDDYでは旅行や出張の間の留守、突然の出来事でお世話ができない間のお世話代行を行います!!店舗でのペットホテルもご相談ください。
あなたの困ったを解決します。
詳しくは↓↓
爬虫類お世話代行
あなたがREPBUDDYを選ぶ3つの理由


レオパの繁殖2019【令和ハッチ】


REPBUDDYのつるかわです

毎年、少しながらレオパをブリードしておりますが、今年も生まれてきましたので、その様子をご紹介です♪
3月9日ペアリング
ハイイエロー♂×ストライプ♀の組み合わせ
3月24日
産卵!!温度28~30℃
大きめ有精卵です
5月14日
1匹目ハッチ、16日にも2匹目がハッチです♪

産卵データ
クーリング:12月ごろから給餌を減らし1月は20℃前後、2月から加温、26-28℃で給餌再開、3月ペアリング
交尾:目の前で一度、数日同居
卵の管理:28-30℃
産卵から孵化まで:約50日

今年もいよいよレオパベビーのシーズンですね!!
可愛いレオパを皆様に見てもらいたいです。
この♀回からは2回目、3回目とクラッチが取れておりますので、この子たちの兄弟にも期待です。
店舗にて育成中なのでぜひご覧にお越しください。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Hatch Rite ハッチライト 2lb 約908g 爬虫類孵卵専用床材
価格:3200円(税込、送料別) (2019/5/28時点)



レオパの繁殖2018【今年もなんとか(汗】



ども、REPBUDDYのツルカワです。
いやはや今年はもうレオパは失敗したかと思いましたが、なんとかハッチしました(安心


5月24日に発見した卵のうち2つがハッチしました!!


6月22日、生まれたのはハイイエロー(ハイポ)とマックスノーでした。
まだ卵が控えているので楽しみです♪


同日、産卵していた卵


さらに追加で、タンジェリン雄とハイポ雌の組み合わせも産卵しました♪
こちらも孵化が楽しみです。

他の雌も掘ってはいるんですけどねー。。。産んでくれるといいんですが。
また孵化したらご報告します。

あなたの相棒、REPBUDDYでした♪

フトアゴやレオパ、リクガメのお世話、シッターのご相談はこちら↓↓
爬虫類世話代行


レオパの繁殖2017 ベビー誕生しましたー!



ども、REPBUDDYのツルカワです。
お世話代行の準備、宣伝やイベントの出店でばたばたとしておりますが、
今年も可愛いレオパのベビーがハッチしましたよー!

4月15日産卵の6月9日ハッチ 管理温度28~30℃
約2ヶ月でハッチでした。

IMG_20170612_185240

前回お伝えしました、♂マックスノーと♀ボールドストライプ(ハロウィンマスク)のベビーです。
表現は普通のマックスノー。。。と思いきや??
エクリプスアイ??
背中の模様も気になるところで、様子見ていきたいと思います。
いまは餌も食べ始めデュビアの幼齢を与えています。

こちらも同じ♀から5月4日産卵、6月23日、24日にハッチしたベビー!
ストライプがしっかりとでています。
IMG_-wcmap0

IMG_u8551z

そして、こちらはハイポマックスノー同士のペアから生まれたマックスノー達♪
片方はハイポになるかなーって感じですね♪
こちらは
5月6日産卵で6月25日ハッチでした。
IMG_-4jelh9

IMG_qvu8ll

また生まれたら報告しまーす♪
To the next…


レオパの繁殖2017年!!



ども、REPBUDDYのツルカワです

今年もレオパの産卵が始まりましたー!!
3月の中頃に掛け合わせたレオパのうち、マックスノー♂とボールドストライプ♀の組み合わせがやっと産卵しました。

IMG_20170411_181842
4月11日には卵が透けて見えていました

それから4日後。。。

IMG_20170415_172136
15日に産卵していました!!
大きな卵を2つ産んでくれていました。

マックスノーストライプが生まれてくれることを祈って大事にします。

また生まれたら報告します♪


レオパの繁殖2016産卵しました♪



ども、新生活が始まる春に気持ちも高まるREPBUDDY ツルカワです。
先日、お伝えしましたレオパ達が産卵し始めたのでご報告♪

写真 2016-04-10 13 52 18
4/10日に産卵したのはラプター×アルビノhetブリザード
大きな卵を2つ産んでくれました!!

写真 2016-04-10 23 52 09
そして、その日の遅くにマックスノーも産卵しました。
こっちも2つ、細長い卵を産みました。

写真 2016-04-10 23 57 03
卵は26~33℃くらいの温度で管理し、生まれる子の性別はこの管理温度で変わります。
26℃以下では♀になり温度が高くなるにつれ♂が生まれるようになってきます。
30℃くらいで♂♀は半々になり、32℃で♂、34℃以上で♀になるそうです。
卵はミズゴケやバーミキュライト、ヤシガラや専用の床材を用いて管理します。
床材の水分はやや少なめのほうが成功しやすいそうです。床材の水分より湿度を高く保つのが一番の秘訣です。
我が家ではプリンカップに小さな穴を数個あけて軽く湿らせたヤシガラで管理しています。
また卵は産卵から数時間も経つと上下が決まってしまうので、卵を発見したら必ず上にマーカーで印をつけて、
上下を間違えないように注意です。

写真 2016-04-19 21 16 51
産卵から10日ほどたった卵
これはキャンドリングと呼ばれる卵の発生を確認して有精卵か無精卵かを調べる方法です。
携帯のライトや強めのライトで照らしてやると、有精卵であれば血管が透けて見えます。
卵が順調に育っていれば、日に日に血管が広がっていくのが確認できるでしょう。
この卵も胚?のような赤いものや血管らしきものが伸びてきたので有精卵でしょう。

卵は約40~60日ほどで孵化します。
それまで親の次の産卵の準備をしつつ孵化を待つとしましょう。。。

See you again♪

みんなの相棒、REPBUDDYでした。

卵の孵化に便利なアイテムはこちら↓↓

 

 


ヒョウモントカゲモドキの繁殖2016



ども、近頃は地上波よりケーブルテレビにぞっこんのREPBUDDYのツルカワです。
アニマルプラネットのジェレミーウェイドとワイルドフランクがお気に入りです♪

今年もレオパを繁殖させようと思い準備中です、その様子を少しご紹介♪
写真 2016-03-08 8 07 09

今回、繁殖させるのは、ラプター(?)×アルビノhetブリザード、マックスノー×マックスノー、アルビノ×サングローの3PAです。2月の中ごろから3週間クーリング(18℃前後)させ、3月になるころには少しずつ温度を上げていきました(28℃前後)。3/8に3PAを同居させました、去年と違い♂達はシャイなのかすぐには交尾しなかったので、同居させることにしました。最初の2~3日は毎日、喧嘩をしたりしないか様子を見ていましたが、喧嘩や交尾の様子を見ることが無かったのでそのままにしておきました。

写真 2016-03-25 8 15 51

写真 2016-04-04 21 31 51

4月になるとなんとなくお腹もふくらみはじめます。2日に1回しっかりと餌を与えます。
お腹の卵が大きくなると餌を食べなくなってくるので、食べるうちにしっかりと与えます。

写真 2016-04-07 8 27 23
それから1週間、同居させてちょうど1月ほどたった今日、キッチンペーパーをいつもと違う掘り方をしていたので、産卵床を用意します。
一般的に、産卵床はタッパーやカップに土やミズゴケを入れたものを飼育容器の中にセットするのが多いですが、私は飼育容器に土を入れて産卵させてます。理由は飼育容器が小さいため、中に産卵床を入れると狭くなってしまうからです。産卵のきっかけになるようにシェルターを入れ湿らせたヤシガラを5cmほどひいておきます。
写真 2016-04-07 21 50 45

去年もこの方法で毎月、産卵させることができました。
今年もたくさんのベビーをハッチさせられるように頑張りたいと思います。産卵したらまたご報告します、お楽しみに♪

See you again♪

みんなの相棒、REPBUDDYでした。


ヒョウモントカゲモドキ 繁殖&孵化!!ベビー誕生です♪



ども、REPBUDDYのツルカワです。

それはふと知り合いのレオパ愛好家と話していたときでした。

「うちの子とツルさんとこの子とかけてみようよ!?」

そんな話から、私のレオパブリードが始まりました。

今回はレオパの繁殖、卵の管理から孵化のことをお伝えいたします♪

父親、母親にはこの2匹を選びました。

383

ブレイジングブリザード♂ 愛好家が愛情かけて育てたしっかりマッチョ君♪

384

ラプター♀ 我が家の姫君です。

将来的にディアブロブランコの交配を目指した掛け合わせです。

まず基本どおりに♂、♀をクーリング、1月から2月まで18℃で2ヶ月ほどクーリングさせました。3月に入ってからは28℃ほどで飼育し、餌を2~3日に1度たっぷり与えました。尾が太くなったのを確認してから、いよいよ交尾です。

618

619

3月31日、♂のケージに♀を入れて数秒で♂が反応し、あっというまにマウントし交尾が始まりました。交尾は5分ほどで終わりました。この1回の交尾でこれまで4回8個の卵(有精卵)を産んでいます。交尾をして2日後くらいから食欲が日に日に増しました。このころは毎日、もしくは1日おきに、フタホシのLサイズを3匹ほど食べてました。

804

産卵床にはヤシガラ土を使用しました、にぎっても水がにじまない程度に湿らせて、ケースに5cmほどの高さにひいています。4月19日に穴を掘るのを確認、この日は餌も食べません。

825

1回目の産卵は交尾から3週間後の4月21日でした。綺麗で大きな卵を2つ産んでくれました。卵はしっかりしていて、上の部分にマジックで印をつけたり、つまんだりしても大丈夫でした。それから2~3週間に1回のペースで産んでくれました!!卵はプリンカップで管理、ふたに10個ほど小さな穴をあけました。温度は30℃くらいで管理しています。卵の管理にはバーミキュライトが有名ですが、私はヤシガラを使いました、ヤシガラだと乾いたときに色が変わるのでわかりやすいです。

1001

1003

2クラッチ目は5月8日、この日は産んですぐに取り出しました。産みたての卵はプルプルしており少し緊張しました。この前のようにしっかりつかめる硬さになるまで5時間ほどだったと思います。

1396

3クラッチ目は5月27日、大きめの卵を2つ産んでくれました。今回は少し時間がたっていたのでしっかりつかめました。

そして、6月15日最初の卵のうち1つが生まれました!!

1547

大きさは6cm弱、表現はアルビノのルビーアイでした。21日に脱皮、22日に糞を確認し餌も食べ始めました。

1594

20日には2つ目も無事に生まれました。お兄さんよりちょっと小さめ5cmほど。表現はアルビノのルビースネークアイでした。この子はまだ餌を食べていません。これからが楽しみです。

1558

そんな中、17日に4クラッチ目が産まれました。今回はちょっと小さめですがちゃんと2つです。また孵化が楽しみです♪

そろそろ2クラッチ目が産まれるころですので、また産まれたら報告します。それではREPBUDDYのツルカワでした♪

卵の孵化便利なアイテムはこちら↓↓