特集!!Xenesthis属タランチュラ


REPBUDDYのつるかわです
ここ最近、REPBUDDYによく入荷しております
「Xenesthis」
いったいどんなタランチュラなのか。。。不思議に思う方も多いと思います。
今日はそんなXたちのお話

ことの発端は唐突でした
「日本に行くけどこれいるかい?」と友人が持ってきたのがこのタランチュラのインターメディア種でした。レア種であることはなんとなく察したつるかわ、入荷の案内をすると30分で完売でした←
よくよく調べると、数年前にXenesthis immanis、コロンビアレッサーブラックとかパープルブルームとか呼ばれるタイプが入荷したきり情報がなく、いまも流通するのはこのイマニス種がほとんどのようです。
インターメディア種はいまもたまに入荷がありますが、そのほとんどが関東、しかもそのブログには「マニア以外は無視で大丈夫」と書かれるほどの種類のようで(汗
関西ではほとんど目にする機会がないと思います。

海外Wikipediaによるとこのゼネスディス(ゼネシス?クネスティス?)は3種あり、インターメディア、イマニス、そしてモンストロサだそうです
https://en.wikipedia.org/wiki/Xenesthis
モンストロサは幻だと噂されており、その名前で入荷したことはほとんど無いみたいですね。

REPBUDDYに入荷、在庫しているのは
・Xenesthis intermedia "trujillo"
・Xenesthis sp. La Azulita(poss.Monstrosa)
この2種類です
La Azulita(ラ アスリタ)はもしかしたらモンステロサかもしれないspもの。。。
期待しちゃいますね(ゴクリ。。。
ベネズエラ 右上トルヒーヨ、左下ラ・アスリタ 距離は200kmほど
調べると9月のトルヒーヨは28/21℃降水確率100%が数日続く雨季のようです
飼育も同じような感じでいいでしょう、やや多湿を好むバードイーターですね
給餌には若干のムラがあるようですが、タランチュラのセオリー通り食べるときに与えて脱皮を待つの繰り返しです。
地表種なのでそんな大きな巣は作らない感じです。
性質もそこまで荒くなく、まだ扱いやすい部類といえるかもしれません。
先ほどの2種、親になるとこんな感じです
インターメディアの青の発色ヤバイですね(語彙力喪失
ラ・アスリタのピンクももちろん激ヤバ。。。
海外サイトによると♂も♀も2~3年で親になるそうで、レッグスパンは19cmになるとか。。。
Xenesthis 画像検索結果↓↓
https://www.google.co.jp/search?sa=N&sxsrf=ACYBGNT2xlCXBfP0jxdWKpMlXaJf6loKDA:1568746824851&q=xenesthis&tbm=isch&source=univ&hl=ja&ved=2ahUKEwibkfOpxdjkAhXGE4gKHZeSDYM4ChCwBHoECAYQAQ&biw=1920&bih=937#imgrc=evK2-_WilaKtCM:
 え!?こんなタランチュラがREPBUDDYで売ってるんですか!!??←下手くそな宣伝
この素晴らしい種類を絶やさないためにもしばらくは、REPBUDDYのフラッグシップタランチュラとしてXenesthis属を在庫しようと思いますので、我こそはという方はぜひご来店、ご注文下さい。
通販ページ↓↓
https://repbuddy.base.shop/categories/1374415


皆様のご来店お待ちしております。
あなたの相棒、REPBUDDYでした♪
REPBUDDY店舗情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)