レプタイルズフィーバー2018(冬)


ども、REPBUDDYのツルカワです。

年2回が恒例になりましたレプタイルズフィーバー、今年も行ってきました!!今回も去年と同じく小ホールでの開催でした。

さて、今年の私なりの感想といいますと、カメレオンがあちらこちらで販売されていて、メジャーになりつつあるように思いました。エボシよりパンサーのほうが多いくらいでペア8万円前後が相場でした(ここ最近、うちのブログのパンサーの記事の閲覧数が増えているのもそれでかしら?)レオパも相変わらずの人気でした、レモンフロストは賛否が分かれるところですが、置いているブースもありました。カメレオンと同じくらい見かけたのはトゲオイグアナの仲間、ツナギトゲオもちらほら、パンダトゲオもいましたね、価格は数年前を思えばかなりお手ごろになっていました(それでも数万~十数万ですが。。。)ボールパイソンやレオパもそうですが、高額種の値段がどんどん下がるのは良いやら悪いやらで。。。季節柄、昆虫はほとんどなかったですね、ムカデやタランチュラは置いているところが多かったです。

今回特にこれは!?と思った生体3つ(毎度ながら撮るのを忘れてます←

・オシドリ・・・プラケースみたいな入れ物にちんまりと入っていました。飼育用としては珍しいカモ?←

・イエローアナコンダ・・・大きい(と言ってもヤングサイズ)のが売られていました。大型種はやはりベビーサイズだけじゃなくて育った大きさを見て体感するのがいいですね。

・ホウシャガメ・・・書類はマダガスカルホシガメの名前でした。少し育ったサイズのが数匹いました(眼福ものです)

さて、来月も再来月もイベントが続くわけですが、ここ数年の爬虫類人気はすごいですね。即売会だけでなく、爬虫類や生き物関係のイベントは毎月どこかしらでやってます。ただ爬虫類業界の危うさといえば規制です。特定外来や危険生物、サイテスや生息地の治安の悪化など、昨日まで普通に並んでいた生体が、明日には飼えなくなるのが割とありうる業界、規制のきっかけになるような事故を防ぎ、いま手元にいる生体たちを大事にしたいですね。近い将来、国内繁殖個体しか手に入らなくなる。。。なんてことにならないようにと願うばかりです。逆にそうなったとしたら、私も1人のブリーダーとして国内繁殖個体の普及に努めたいです。

やや話は脱線しましたが、皆様も今年もいろんなイベントでいろんな出会いをお楽しみください!!

もし困ったことがあれば??お力になりますのでご相談下さい。

あなたの相棒REPBUDDYでした。

イベント関係の記事はこちらからもどうぞ

爬虫類お世話代行、御用聞きはこちら!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)