缶詰コオロギについてのあれこれ


ども、皆様REPBUDDYのツルカワです。

東京がブラックアウトで盛り上がる今日は関西から缶詰コオロギのことをお伝えします←

缶詰??って思った人もいるでしょうか

乾燥やら冷凍が流行るよりも以前から、ショップで販売されていたもので、フタホシコオロギを高温処理したものを缶詰にしたもの

それがこちら↓↓

 未開封なら常温、開封したら冷蔵庫で10日前後持つものです。

メリットとしては、コオロギの世話をする必要が無い(スペース、鳴き声、共食いの問題が解決)、買い置きでも日持ちする、動かないので人工飼料感覚で与えられる(コオロギの苦手な方にもオススメ)

デメリットは、個体によっては匂いや感触を嫌がる(拒食、食事量減)、生きてるものより気持ち悪い?、大きさがLサイズのみ、匹数あたりの単価は高め

私のオススメとしては、生きてるコオロギがどうしてもダメという方や、生きエサを切らしてしまった(入荷がなかった、届くのが遅くなった)時なんかの非常食といった印象ですね。カルシウムやビタミンなどのサプリメントを添加するのも忘れずに。

ピンセットからエサを食べる子なら問題無く食べる子が多いかと思います。フトアゴみたいに人工飼料も食べる個体なら何も考えずにパクパク食べますね。


缶を開けた香りと、ヒョウモントカゲモドキ、フトアゴヒゲトカゲ、ナイルモニターに与えた様子をご紹介します。

 

 

 

 

与えてみた感想としては、レオパは食べなくはないけど好んでいる感じではないです。フトアゴはやはり何も考えずパクパク食べますね。

モニターも食べなくはないという感じでした。

皆様も1度与えてみては??

以上、REPBUDDYのツルカワの缶詰コオロギのレビューでした。

気になった方は下記リンクからご購入どうぞ♪

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)